NEWS / SHOP TOPICS

最新ニュース / ショップからのお知らせ

10zine

10zine_sasaki.gif
zineの企画が立ち上がっています。
続々面白い方が参加されているようで、わくわくしてきました。
アルバスは会場として参加させてもらっています。
詳細はコチラ『10zine(テンジン)』

SHARE

「夜明け」展示中

IMG_5503.jpg
詳しくはここへ

SHARE

アルバスのお得情報です!

key-visual.jpg
Canon EOS Kiss X5・EF-S18-55 IS II レンズキットを78000円で販売します。
3台限定!
レンズ保護フィルター、液晶保護シート、4GBのSDカードもついてきます。
カメラマン中田がよりすぐりのものを選びました。(日本製)
これから写真を始めるのには最適なカメラですよ。
詳しくはアルバスまでお問合せください。
092-791-9335
info@albus.in

SHARE

山内悠さんとの出会い。

yoake.jpg
もうすぐ山内悠さんがやってくるので、ちょっと紹介を。
albusが彼と出会ったのは半年くらい前。彼が出している写真集「夜明け」の出版をしている赤々舎の姫野さんから「面白い作家がいるんだけど、福岡に行きたいと言っているので紹介したい」と連絡があり、早速会うことに。
「山内悠です〜」と大きなリュックを背負ってやってきた彼。ここ(albus)も一瞬『山』かと思うくらい、どこにいても山と歩んでいるような人。兵庫県出身ということもあり関西弁で、「あんな〜それでな〜」とインタビューする隙もなくいろいろ話してくれて、またその話しが面白くて。
とにかく山内さんをいろんな人に知ってもらいたいと、今回は夜明けのトークショウと、裏話トークショウの2本立てにしています。
富士山を降りたあとも、何度も東北に足を運んで現地の人と交流する山内さん。
ここに生きる意味を、身体から沸き起こる写真で表現する姿にいつしか惚れてしまい、albusで開催できることを誇りに思っています。
ぜひぜひ観に来て、彼に会ってほしいです。

SHARE

スタンプラリーを開催しています!

stamp02.jpg
まちのアートな場所をつなごうと企画した、スタンプラリーマップが完成。配布しています。
デザインは三迫太郎さん、印刷は伸和印刷さんに。とっても素敵なスタンプラリーマップになっていますので、ぜひ手にとって、いろんなところに出かけてみてください。
『ART EXHIBITION STAMP RALLY 2011 SUMMER』と題して(秋もやるのかなぁ〜)
2011年7月1日(金)〜8月28日(日)まで開催です!
会場は4会場。1日あれば回遊できます。マップはいずれかのお店で手に入れることができます。会場によって展示の会期は異なりますが、上記の期間中はスタンプをおせますよ!展示以外にお店を訪ねるだけでも発見があるかもしれません。大事なのは人と出会うこと。回遊中のスタンプラリーの友を見つけて声をかけたり、(マップの裏面にある)似顔絵の店員を探して声をかけたりしてみてください。
どのお店も面白い活動をしているので、きっといい出会いになりますよ。

SHARE

子どもたちの帰り道

IMG_0987.jpg
たまに訪ねてくれる子どもがいる。寄り道を禁止している学校が多いので寄り道とは呼ばず、帰り道の報告とでも名付けておこうかな。
「今日もちゃんと学校に行って、いろいろ学んできたんだよ」という報告と、「○時に、ここ(albus)に来た」という報告(証し)にもなっている。子どもがちゃんといつもの道を通って帰って来たというのは、親や先生が監視して確認するわけにも行かず、もしそれができたとしてもとても息苦しい。親や先生から離れて、いつもとは違う大人と出会うことも、きっと子どもの学びになるはず。もちろん大人の学びにも。
IMG_0979.jpg
この日は、アルバスの2階で開催している写真展に誘ったら、一つ一つの写真集をじっくり見てくれた。感想帳にも記帳して。(後日これを読んだ作家はとっても喜んでいました)
これからもお互い(大人や子ども、作家や観る人、etc)にとって、いい出会いを作っていきたいな。

SHARE

『写真集のカタリバ vol.2』にて

kataru.jpg
6月11日、2回目のカタリバ。
メンバーは、吉見さん、柳田さん(工房まる)、山下(albus)、池永さん(工房まる)、中田(albus)、石井さん(wood/waterecord)、酒井(albus)の7名。
今回のお題は「外国」。
初めに吉見さんが「世界の駅」という、その名の通り、世界のよりすぐりの「駅」が掲載されている写真集を見せてくれた。
吉見)実家が駅に近かった。燃料のにおいも思い出。どの駅に行っても懐かしく感じる。駅は、出発点でもあり帰ってくるところでもある。そんな人々の観察をするのも好き。

次に柳田さん。彼は工房まるというところで、絵を描いて仕事をしているアーティスト。
柳田)人物の顔を描くのが好き。白黒写真を見ながら描くときは自由になれる。外国の人の絵を描くときは会ったことがないので新鮮な気持ちになれる。アクセサリーも気になる。
ナショナルジオグラフィックの記事を読んだり、写真を見たりして、そういう生活をしているのかイメージをしながら描き、描きながら現実味がおびてくる気がする。環境が厳しくても「生きる」という行為が見えてくる人に興味を持っている。
hon.jpg
池永)僕は藤原新也さんの「メメントモリ」(死を想え)を持ってきました。この写真集の中の、『人間は犬に食われるほど自由だ』と書かれた1ページに衝撃を受けた。
当時の僕はひどい生活をしていた。音楽をやっていたが、夢も目標も考えたことがなく、世の中を薄っぺらく捉えていた。そんな自分に飛び込んできた一言。世界は広いというより深いなということを思い知らされた。
山下)PCより、マックスワンガーさんの写真が面白いですよ。
中田)デビッドホックニーが好きで、卒業論文を書き、同じような作品を作りました。ホックニーの作品は1枚1枚の時間も映し出されているので、どこかでも自由に見れて面白い。
石井)「FAMILY」は、ツアーでいろんなところを旅しながら、メンバーが家族のようになっていくシーンを捉えた写真。距離感がとてもいい。
酒井)「CIRCUS」はアンデルセンのマッチ売りの少女をモチーフとした作品。不思議な余韻を感じる。
ざっくりですが、こんな会でした。今回は、飲食を交えたカタリバで、お腹も心も満たされたような感じ。
次回は写真家の山内悠さんを交えて、山の上でカタリバを開く予定です。
さて、どんなことになるでしょうか。

SHARE

パレードのあとに

IMG_9590.jpg
紙ものたちがさっていき、
IMG_9737.jpg
思い出だけが残りました。
IMG_9559.jpg
IMG_9548.jpg
ワークショップも楽しかった。
さぁ、アルバムをつくろうかな。

SHARE

手紙社さんがやってきました

kami.jpg
まちに待った紙ものまつり
アルバスの2階に、全国で大事に大事に生み出された沢山の紙たちがやってきましたよ。
心躍るような色、今にも飛び出てきそうなイラストたち。どれも手触りを感じるものばかりです。
今日は手紙社のわたなべさんがお店番をされていますよ。
ぜひ会いにいらしてくださいね。
kami2.jpg
kami3.jpg

SHARE

いい季節ですね

kusano.jpg
お庭にハーブが増えました。
常連のお客さんが、いちごの株もお裾分けしてくれて、たくさん花を咲かせています。いちごがなると、こどもたちがすぐに見つけてパクッと食べてしまうのであっという間になくなりますが、このいちご、年中実をつけてくれるので頼もしいです。
さて、みなさんと一緒に街歩きを楽しむ撮影会を企画しました。
警固・桜坂・薬院に詳しいクロキ博士を中心に、撮影会メンバーと心一つにして、じっくりゆっくり街を楽しみたいと思います。
美味しい出会いや、嬉しい出会い、普段見過ごしていた小さな小さな自然にも心を澄まして、いろんな生き物に出会いに行きたいと思います。そんなクサノホソミチ撮影会、楽しみです。参加したい方はぜひご連絡ください。
アルバスまで
092-791-9335

SHARE