NEWS / SHOP TOPICS

最新ニュース / ショップからのお知らせ

イケダユーコ・保手濱拓/二人展『線と面』

スクリーンショット 2014-04-13 22.32.40.png
線と面1.jpg
2014年3月、大阪iTohenで開催された保手濱拓、イケダユーコの二人展「線と面」。その巡回展示をアルバスで展示します。
===
展覧会会期|4月23日(水)〜5月6日(火)12:00〜20:00 <会期中無休>
===
4月27日(日)WORKSHOP
「銅版画ワークショップ」

銅版画を石膏に写し取り、ちいさな壁掛けを作ります。お気軽にご参加ください。親子参加も可能です。
時間|13:00〜15:30
料金|3500円
講師|イケダユーコ
※予約制(当日も空きがあれば可)
4月29日(火・祝)TALK SHOW
「絵の生まれる背景」

時間|18:30 open/19:00 start
料金|1000円
出演|保手濱拓/イケダユーコ/酒井咲帆
※予約制(当日も空きがあれば可)約1時間半を予定しています。
イケダユーコ
1980.1 広島県生まれ 大阪在住
2002.3 大阪総合デザイン専門学校 イラストレーションコース 卒業
以降、画家/イラストレーターとして活動開始
<個展>
2004.10 寝子[NEKO]/iTohen(大阪)
2005.10 浮遊ひろば/iTohen(大阪)
2006.09 雨の実色 月の下/雨月サロン(大阪)
2007.03 鳥と羽衣ハミング/cafe Banyan tree (大阪)
2008.06 すいへー/sewing gallery(大阪)
2008.11 無国/beyer (大阪)
2009.09 6℃の目(二人展)/galerie 6c (兵庫)
2009.12 沼々[ヌマヌマ]/soramimibunco(兵庫)
2010.10 ゆらぐ/日音色 (大阪)
2011.10 モクセイの耳/家ie (大阪)
2011.12 花を浮かべる/gallery COLOR(兵庫)
2012.10 うみの森/なかなかの森 雨のあと(大阪)
2012.11 TABLE (三人展)/beyer(大阪)
2012.12 香川小児病院:風の伝言プロジェクト 出品提供/塩江美術館(高松市)
その他、グループ展に参加しています。
<イラストレーション>
「通勤電車でよむ詩集」小池昌代 NHK出版/新書カバー装画、挿絵
「悲しき玩具」石川啄木 角川春樹事務所/文庫カバー装画
「すてきにハンドメイド」NHK出版/川上弘美 連載ページ、挿絵
「なかなかの森」webサイト/作品提供 他
<作品集> 「無国」 イケダユーコ/出版:BOOKLORE 2009発行
保手濱拓
1980年兵庫県生まれ
画家/イラストレーターとして現在、居住の山口県を活動拠点にしている
2013 保手濱拓 個展/大阪市北区本庄西_iTohen
d design travel YAMAGUCHI EXHIBITION 参加
2012 陶芸家の吉田次朗さんと 二人展/大阪市住吉区_EDAN
めぐるはる展/京都_sfera 
meseum as it as 常設展示に出品参加 他多数
他 出版物:「やさしいけしき」 「草にすわる」 (理論社)
受賞歴:第4回 やまぐち新進アーティスト大賞
イラストレーション:ラジオ深夜便 
明日へのことば特選集 装丁画担当
兵庫県立某病院にホスピタルアーティストとして作品提供  他

SHARE

『してん 312』-albus写真スクール12期生写真展-

12th_shiten.jpg
私達の始点。それぞれの視点。
2014年1月30日(木)〜2月5日(水)
12:00〜20:00
※最終日は18:00まで
入場無料
albusギャラリーにて
————–
albus写真スクール12期生8名による写真展を開催します。
それぞれが写真と向き合い、自分と向き合うことで生まれた「してん」です。
ぜひご覧ください。

SHARE

山田明広写真展「存在とその向こう側 Ⅳ かげに咲く花」

yamada_photo.jpg
存在とその向こう側 Ⅳ かげに咲く花
しゃしん:山田明広
し:長治和幸
おと:坂本甚六
日時:2013年8月22日(木)〜28日(水)12:00〜20:00 / 最終日は18:00まで
オープニングパーティ:8月22日(木)19:30〜
会場:albus
陰陽の無限の螺旋。それはごく僅かな濃度差から生じました。
まるで生きている様に見える無機質。死んでいるように見える人。
生とは何なのでしょうか。

陰は極まり陽を、陽は極まり陰を生じます。その無限の螺旋の中に我々はいます。陽を含む陰の集簇としてこの世に生じ、育ち、楽しみ、老い、そしてあらゆる陰の束縛を離れ霧散し陽として消えます。死の事象は陽明と少陰の帰来する厥陰の果ての到達のように見えますが、それは俯瞰して誤りです。常にあらゆる支点で保たれています。洗面台の水を勢いよく流した螺旋は、地球の螺旋に含まれ、それは太陽の螺旋と共振し、同じくそれは銀河に、宇宙に、更には日常をなす多元の格柱に作用を連ねます。マクロからミクロに至る様々な陰陽の螺旋は全ての角度、軸、逆転された時の中ですら同時に満ちるベクトルをもって廻旋走波し、調和の総和を維持します。
そもそもはごく僅かな濃度差のモーメント。オートマチックに生成されたそのグラデーションという連続性があらゆる幾多の始まりです。それは我々の宇宙の大変身近な日常的な発火であり昇華です。ビックバンよりも瞬時に解消されますが、その濃度差そのものが生なのです。例えばそれは相対的な「かげ」に密かに内包されているのではないでしょうか。それは日常の陰で初めての風を浴びた蛍のように静かに明滅しているものでしょう。なぜならば、陰陽は強大で無常です。異質なものは相互に畏れます。現代社会に浮遊する実存と思われる私が、それを写真という私的な窓から見える景としてお見せしてみたいと思います。
山田明広

SHARE

ミロコマチコ展覧会「オオカミがとぶひ」

ookami_miroco_albus.jpg
昨年、アルバスで「ホロホロチョウのよる<出版:港の人>」出版記念展と題して展示を開催致しました。この夏は、第1作目にして日本絵本賞 大賞を受賞した「オオカミがとぶひ」の原画展を開催致します。期間中、著者:ミロコマチコさんはもちろんのこと、イースト・プレスの編集者:筒井大介さんをお招きしてのトークイベントやサイン会を予定。是非、この機会にご来場ください。
尚、本展は同時期にブックスキューブリック:箱崎店にて第2作目の「ぼくのふとんはうみでできている」原画展も開催致します。
■ミロコマチコ mirocomachiko
1981年、大阪府生まれ。現在、東京在住。画家・絵本作家。2004年から画家として活動を開始。個展やグループ展など、作品展示を全国各地で精力的に行い、伸びやかな作風で、動物や植物を生き生きと描き、注目を集める。おもに子どもを対象としたワークショップにも力を注いでいる。2012年、『オオカミがとぶひ』(イースト・プレス)で、絵本デビュー。同作で翌2013年、第18回日本絵本賞大賞を受賞した。画文集に『ホロホロチョウのよる』(港の人)、装画と挿絵の仕事に『サバンナの動物親子に学ぶ』(羽仁進 著/講談社)、『きみの町で』(重松清 著/朝日出版社)などがある。美術同人誌『四月と十月』の同人。
http://www.mirocomachiko.com/
協力:イースト・プレス  SKKY / iTohen
<展覧会>
 日 時:2013年7月24日(水)〜8月4日(日)12:00〜20:00 ※会期中休みなし
<トークイベント> ※定員に達したため、受付を終了いたしました。
 日 時:2013年7月24日(水)19時~ *約1時間を予定しております。
 出 演:ミロコマチコ(著者)×筒井大介(イースト・プレス編集者)
 参加費:1500円(高校生以下は無料)
 定 員:40名 要予約(※10名は立見)
※5分前に立見の方にも入場してもらいます。その際、お席が空いている場合は座ってもらうことになりますので、ご予約された方は10分前に来ておいてください。

<ワークショップ> ※定員に達したため、受付を終了いたしました。
 ミロコマチコ×青木隼人によるワークショップ「みんなでうみをつくろう!」
 子どもたちも、お父さんもお母さんも、おとなまで一緒になって絵を描こう!先生は、ミロコマチコさん。音楽は青木隼人さんが奏でて、音から連想する”海”を一枚の大きな絵にしていきます。
 日 時:2013年8月3日(土)15:00~(1時間程度)
 出 演:ミロコマチコ(展示作家)×青木隼人(音楽家)
 参加費:1人1500円(ご家族の場合、一組につき¥1,500/大人一人の参加もOK)
 定 員:描く人 20人(予約された方で見学の方は出入り自由です。描く人が自由に書けるように、見守ってあげてください)
※見学者も参加費をいただきますが、なるべくワークショップに参加してください。当日は、汚れても良い服装でご参加ください。開催中、記録撮影を致します。広報に使用しますがご了承ください。
 サイン会を開催します!
 日 時:2013年8月3日(土)18:00~(1時間程度)
 albusでミロコマチコさんの本を購入した全員ご参加いただけます!

SHARE

絵本の風景展 codomonocoto

絵本の風景展.jpg
よりそいあってページをめぐる冒険の時間。おやすみなさいの前のおだやかな時間。絵本を囲む親子の姿は、コドモと一緒の暮らしの象徴的な風景です。
絵本を主役に、その周辺にあるといいと思う道具を12組のデザイナー、つくり手がつくりました。あっという間に過ぎてしまうコドモと一緒の時間を豊かにするためのお手伝いができたらと願います。

展覧会会期:2013年7月6日(土)-7月14日(日)12:00-20:00

出展者:石田和人・Easy Living・磯野梨影・大野耕作(ポンピン堂)・小野里奈・駒井貞治・進藤電気設計・古庄良匡・中川たくま+遠藤綾・野見山聡一郎・宮内賢治+フルスイング・山田佳一朗
主催・企画:コド・モノ・コト
共催:albus
1)トーク:子どもの日常を考える
参加者募集・事前予約制
絵本の風景展は、親子で絵本を読むという風景を「子どもと一緒の日常」の象徴と捉えて、その傍らにあるといいと思う道具をつくることから、子どもと共にある暮らしを考え直すための試みとして企画されました。活動開始当初から「子どもと一緒の暮らし」をテーマにさまざまな活動を続けてきたコド・モノ・コトのメンバーを囲んで、「子どもの日常」「子どもと共にある日常」をテーマにした対話の時間をつくりたいと思います。
開催日時:7月6日(土)18:00-19:30
参加者:萩原修(デザインディレクター)、増田多未(コド・モノ・コト主宰)、磯野梨影(プロダクトデザイナー)、中川たくま(デザイナー)、酒井咲帆(写真家)、遠藤綾(コド・モノ・コト運営メンバー)
参加費:1000円
定員:25名
2)ワークショップ:わたしだけの「ものさし」をつくる
参加者募集・事前予約制
「つくる」ことよりも、「かんじる」こと、「みる」ことを大切にするコド・モノ・コトのワークショップ。通常1日かけて実施するワークショップを、今回はじめて短縮バージョンにアレンジ。「スケール」をテーマに自分の身体を基準にしたものさしをつくり、福岡の街を採寸します。「自分」という尺度で、身の回りを捉え直すワークショップです。
開催日時:7月6日(土)13:00-15:00
ファシリテーター:増田多未(コド・モノ・コト主宰)
対象:はさみをつかえる頃から
定員:8名
参加費:500円(材料費)
※ 5歳以下は保護者の付き添いをお願いします
※ 大人の参加希望の場合は、ご相談ください

3)絵本の展示
「届けたい 今日の絵本」
主に福岡在住のみなさんに声をかけさせていただき、みなさんの本棚にある絵本の中から、未来に届けたいと思う絵本を一冊選んでいただきました。選者のメッセージと共に展示します。
「子どもの日常」を感じる絵本
子どもの本専門店「メリーゴーランド」京都店の店長 鈴木潤さんが「子どもの日常」をテーマに、5冊の絵本を選んでくれました。(販売あり)
5)コド・モノ・コトの道具店「こぐ」のオリジナル商品の展示販売
コド・モノ・コトがこれまで企画してきた展覧会をきっかけに生まれたものを中心に、コド・モノ・コトがおすすめする日用品を販売しています。(販売あり)
【全てのお申込み・お問合せ先】
albusまでお電話またはメールにて、【氏名、電話番号】を明記の上、お申し込み下さい。
TEL:092-791-9335 MAIL:info@albus.in
【コド・モノ・コトについて】
2005年にスタートした、コドモといっしょの暮らしを考えるデザインプロジェクトです。
11名の運営メンバーと趣旨に賛同し集まった80名を越えるデザイナーやつくり手と共に、ものづくり、ワークショップ、展覧会、イベント、メディアを通して、コドモといっしょの暮らしを中心にデザインにできることを提案しています。

SHARE

原 博文写真展「家族の風景」

hara01.jpg
家族との私的風景を2年間にわたって撮りためた写真たちを展示します。
6月18日(火)~23(日)12:00~20:00
※最終日は18:00まで

SHARE

10zine vol.3!

aaaaa-2.jpg
昨年2月に10zine vol.2を開催してから早一年、10zine vol.3がようやく開催決定です。一年の間に、DESIGNING?や台湾、東京、浜松等、様々な地方のイベントやチームと一緒に活動を行い、新しい出会いや発展が多々ありました。それらを生かしてvol.3を企画しています。vol.1、vol.2とはひと味違ったイベントになる予定です。また、開催期間が2日間じゃ行けないよ、といった声に応えて、福岡会場と佐賀会場でそれぞれ一週間の展示を行います。ぜひ、メンバーの新作のzineを見に、何か作りたい欲を刺激しに、遊びにきてくださいね。
福岡会場
日時:2013年6月10日(月)〜16日(日) 12:00〜20:00予定
場所:albus 福岡県福岡市中央区警固2-9-14

TOP


佐賀会場
日時:2013年6月22日(土)〜6月29日(土) 11:00〜19:00(会期中無休)
場所:PERHAPS GALLERY 佐賀県佐賀市中央本町2-22 222ビル3F
http://perhapsgallery.net
イベント内容
◯10zine
 [メイン企画]10zineのメンバーが、今回のために制作したzineの展示・販売を行います。
◯客zine
 会場でワークショップブースを設け、来場者の方にzineの1ページを作成していただきます。期間終了後にそれらをまとめ、世界で1つだけのzineが完成します。
◯スペシャルゲスト:NEVER MIND THE BOOKS(福岡会場) 
 5月にお世話になった札幌のzineイベント「NEVER MIND THE BOOKS」のブースが登場します。札幌の作家さんの作品や、会場に並んでいたzineの一部を展示販売します。また、10zineが各地で開催した、これまでのイベントのアーカイブも合わせて展示します。
◯佐賀zine(佐賀会場)
 佐賀在住のzine作家にもフォーカスを当てた企画を予定しています。(詳細は後日お知らせします)
出展者(福岡会場)
平野由記
西山勲
三迫太郎
三好剛平
菅野彩
藤本幸一郎
古川渚
阿部雅幸
Pudu
川上ムツロ
北島敬明
簗瀬幸佑
井川大樹
木下綾
稲田ゆきこ
sissi(石井勇・酒井咲帆)
佐々木充彦
馬場通友
山下大貴
松本千里
宮地明日香
4696-1616
木村尚史
古川 あい
小松慶子
宇佐幸弘
鵡川いづる
安部喜明
織田慶子
徳永香
宮川ひずる
とうどうせいら(福岡ポエトリー)
阿部美穂
阿比留浩太
(エントリー順)
出展者(佐賀会場)
tatetohoko ユカリ
おひさまのたねまき(生方 由美子)
谷所製作所(瀬戸口朗子)
芳野さつき
富永茂樹
山本翔
小松大介
松本弘子
馬場泰造
S.O.U.L.(山口泰治、ROCKY,FLATT)
ソエジ
田中 貴子
松尾浩一
今村 有里
北野正晃
ハナ。(松本花子)
ちえちひろ
mooori yuuuko
武富洸斗
ナカシマジュン
(エントリー順)
+福岡会場の出展者

SHARE

アルバス写真スクール11期生写真展『24時間』

HP用画像.jpg
光、影、色、形、温度―生きている、僕たちの毎日。
<日時>
5月25日(土)~31日(金)12:00~20:00
※最終日は18:00まで
入場無料
1日の間にめまぐるしく変わる日常の光景を、7人それぞれの感性で切り取った写真を展示します。
<参加者>
青木 悟、園田仁美、中山久里子、前田真季、森泉敦子、山﨑みどり
平川雄一朗(講師)
<関連イベント>
◎5月25日(土)、26日(日)
東北支援グループ「Kurumicco」によるチャリティーバザー・東北写真展を開催
◎5月30日(木)19:00~
mikiri アコースティックミニライブ
入場無料、予約不要

SHARE

キッチンミノル写真展「海」

Umi_0041.jpeg
©minoru kitchen
2007年から通い、撮りはじめたという海の写真を展示します。
○日時 2013年3月23日(土)〜3月31日(日) 12:00-20:00
○場所 albus2階とcoffon
イベント①
『キッチンミノルお仕事トークショウ』
日時 3月23日(土)18:00-20:00 @albus
参加費 500円
定員 先着30名ほど
※20時よりオープニングパーティーを開催します(参加費1000円)
イベント②
写真好きの参加型ワークショップ
『キッチンミノルかって指南』
日時 3月27日(水)19:00~ @albus
   3月28日(木)20:00~ @coffon
参加費 2000 円 要予約 ※ご予約は各会場までお問い合わせください。
参加者 先着5名ほど

キッチンミノルがあなたの疑問を解決します。
あなたの作品を持ってきて相談するも良し、
好きな写真や写真集、雑誌を持ってきてこう撮るにはどうしたらいいの?と聞くも良し。
時に真正面から時に斜めからキッチンミノルがあなたの写真に関する疑問にお答えします。
ただし内容はキッチンミノルの独断と偏見のみですので信じるも良し信じぬのも良し。
あなた次第です。
※参加は、各会場までお電話かメールでお願いします。
albus 092-791-9335 info@albus.in
coffon 092-725-3711 info@coffon.cc
○profile
キッチンミノル
写真家。テキサス州フォートワース生まれ。十八歳の時に噺家を目指すも挫折。その後、法政大学に入学し、カメラ部に入部。キッチンミノルを襲名。不動産販売会社に就職。宅地建物取引主任者資格を取得。2005年、脱サラしてフリーランスフォトグラファーになる。AERAの連載”働く夫婦カンケイ”など雑誌や広告、CDジャケットなどを撮影している。写真集に『多摩川な人々』(ミルブックス)や『海』(テキサスブックセラーズ)などがある。現在は東京在住。

SHARE

Kenichi Yoshitani 写真展「PORTRAIT!」

salt portrait.jpg
©king yoshitani
若者たちのポートレートを撮り続けている Kenichi Yoshitaniの初個展を開催。
○日 時 2013年3月7日(木)〜3月13日(水) 12:00〜20:00 期間中無休
○場 所 albus2階

Kenichi Yoshitani(king)
http://saltsnap.com/yk/

SHARE