NEWS / SHOP TOPICS

最新ニュース / ショップからのお知らせ

ミロコマチコ展覧会「オオカミがとぶひ」

ookami_miroco_albus.jpg
昨年、アルバスで「ホロホロチョウのよる<出版:港の人>」出版記念展と題して展示を開催致しました。この夏は、第1作目にして日本絵本賞 大賞を受賞した「オオカミがとぶひ」の原画展を開催致します。期間中、著者:ミロコマチコさんはもちろんのこと、イースト・プレスの編集者:筒井大介さんをお招きしてのトークイベントやサイン会を予定。是非、この機会にご来場ください。
尚、本展は同時期にブックスキューブリック:箱崎店にて第2作目の「ぼくのふとんはうみでできている」原画展も開催致します。
■ミロコマチコ mirocomachiko
1981年、大阪府生まれ。現在、東京在住。画家・絵本作家。2004年から画家として活動を開始。個展やグループ展など、作品展示を全国各地で精力的に行い、伸びやかな作風で、動物や植物を生き生きと描き、注目を集める。おもに子どもを対象としたワークショップにも力を注いでいる。2012年、『オオカミがとぶひ』(イースト・プレス)で、絵本デビュー。同作で翌2013年、第18回日本絵本賞大賞を受賞した。画文集に『ホロホロチョウのよる』(港の人)、装画と挿絵の仕事に『サバンナの動物親子に学ぶ』(羽仁進 著/講談社)、『きみの町で』(重松清 著/朝日出版社)などがある。美術同人誌『四月と十月』の同人。
http://www.mirocomachiko.com/
協力:イースト・プレス  SKKY / iTohen
<展覧会>
 日 時:2013年7月24日(水)〜8月4日(日)12:00〜20:00 ※会期中休みなし
<トークイベント> ※定員に達したため、受付を終了いたしました。
 日 時:2013年7月24日(水)19時~ *約1時間を予定しております。
 出 演:ミロコマチコ(著者)×筒井大介(イースト・プレス編集者)
 参加費:1500円(高校生以下は無料)
 定 員:40名 要予約(※10名は立見)
※5分前に立見の方にも入場してもらいます。その際、お席が空いている場合は座ってもらうことになりますので、ご予約された方は10分前に来ておいてください。

<ワークショップ> ※定員に達したため、受付を終了いたしました。
 ミロコマチコ×青木隼人によるワークショップ「みんなでうみをつくろう!」
 子どもたちも、お父さんもお母さんも、おとなまで一緒になって絵を描こう!先生は、ミロコマチコさん。音楽は青木隼人さんが奏でて、音から連想する”海”を一枚の大きな絵にしていきます。
 日 時:2013年8月3日(土)15:00~(1時間程度)
 出 演:ミロコマチコ(展示作家)×青木隼人(音楽家)
 参加費:1人1500円(ご家族の場合、一組につき¥1,500/大人一人の参加もOK)
 定 員:描く人 20人(予約された方で見学の方は出入り自由です。描く人が自由に書けるように、見守ってあげてください)
※見学者も参加費をいただきますが、なるべくワークショップに参加してください。当日は、汚れても良い服装でご参加ください。開催中、記録撮影を致します。広報に使用しますがご了承ください。
 サイン会を開催します!
 日 時:2013年8月3日(土)18:00~(1時間程度)
 albusでミロコマチコさんの本を購入した全員ご参加いただけます!

SHARE

くすかきのはなしーその1

くすかきのはなしチラシ.jpg
「くすかき」をきっかけに地域とアートプロジェクトについてみんなで考えてみる90分。
はたして、アートプロジェクトは千年つづくのか!?
“くすかき”は、太宰府天満宮の樟の杜を舞台に2010年にスタートしたアートプロジェクトです。
太宰府天満宮の樟は、春になると新芽が古葉を押し出し、いっせいに葉が落ちはじめます。お宮の方々は千年ものあいだ、その葉を掻いて、新芽を見上げ、樟の木と向き合ってきました。そんな樟の落ち葉を掻くという日常を「おもしろい」と思ったアーティスト五十嵐が、かつて太宰府天満宮に存在した樹齢千年とも言われる樟の木を想い描いてみようという試みを始めたのです。それが「一年に一度、見えない1本の樟の木を共につくり出す」参加型アートプロジェクト”くすかき”です。
はたしてアートプロジェクトは千年続くのか?そもそもくすかきって?全国各地で行われているアートプロジェクトっていったいなんだろう?くすかきをきっかけに地域とアートプロジェクトについて、まちづくりの専門家といっしょにみんなで考えてみたいと思います。
出演/
アーティスト
五十嵐 靖晃 いがらし やすあき
1978年千葉県生まれ。2005年東京藝術大学大学院修了。
土地に住み、そこで出会う人達と共に、普段の生活の中に新たな視点と人の繋がりをつくるアートプロジェクトを各地で展開している。これまでのプロジェクトで、2005年にヨットで日本からミクロネシアまで約4000㎞の航海や、2012年に京都の舞鶴から新潟まで32の港に寄港し日本海沿岸をたどる約970㎞の航海などを経験。”海からの視座”を活動の根底とする。2006年には太宰府、2007-09年は横浜でダンボールの船をつくるワークショップを担当し、それぞれ約1万人以上の市民参加者と合計約200隻の船づくりを行う。自らのプロジェクトとして、樟の杜を舞台に千年続くアートプロジェクトを目指す福岡県太宰府天満宮でのプロジェクト「くすかき(2010~)」や、約 800世帯の集合住宅で住民たちと染めたシーツを各ベランダに干し新たな風景をつくり上げる「いろほし」(ヨコハマトリエンナーレ2011連携プログラム空の芸術祭)、漁師らと共に漁網を空に向かって編み上げ土地の風景をつかまえる「そらあみ」(瀬戸内国際芸術祭2013・六本木アートナイト2013)などを行う。
http://igayasu.com/
聞き手
田北 雅裕 たきた まさひろ
九州大学大学院 人間環境学研究院 講師
まちづくりプランナー
1975年 熊本市生まれ。2000年、学生の傍らデザイン活動triviaを開始。「オモイデアンケート」を皮切りに、「まちづくり」という切り口から様々なプロジェクトに携わる。04年に熊本県杖立温泉街に移住。まちづくり機関「杖立ラボ」を設立し、住民の立場からまちづくりに取り組む。08年「南阿蘇えほんのくに」事務局長(~09年2月)を兼任。09年4月より九州大学 専任講師 。現在は、教育学部と大学院 統合新領域学府ユーザー感性学専攻で教育・研究に取り組む一方で、albusディレクター、福岡テンジン大学顧問、川崎町観光協会顧問、福岡市里親委託等推進委員会委員、AAF(アサヒ・アート・フェスティバル)2013選考委員、NPO法人子どもの村福岡広報アドバイザーなどを務める。
著書(共著)に「クリエイティブ・コミュニティ・デザイン / フィルムアート社」。
http://trivia.gr.jp/
日時/2013年7月20日(土)19:00~21:00
定員/先着順40名(内 立見10名)
参加費/1000円 ※予約受付時のみの「手ぬぐい付2000円」チケットもあります〕
アフターパーティも開催します!
場所/アルバス付近
参加費/1500円(要予約)
※ 2時間程度を予定しています。パーティのみの参加の方もOKです。

SHARE

ポートランド報告会「Thinking about Portland」

000023-14.jpg
000038-3.jpg
000038-13.jpg
photo by sakai sakiho
福岡を中心に活動する音楽レーベルwood/watre records主宰をしていて(albusのこともちょっと手伝ってもらっています)友人でもある石井勇くんが、アメリカは西海岸の都市ポートランドへ3ヶ月滞在して感じたことをお話してくださるようです。私も先日行ってきましたが、ポートランドの大自然は見事でした。そして、市民がその自然を守ろうとする意識が高いこともすぐに感じられました。福岡の未来がこんなふうにあればいいな、と考えたり。アットホームなお話会になると思いますが、ぜひお待ちしています。
<以下、石井さんより>
ヒッピーカルチャーの終着点、音楽、ZINE、DIY文化、環境先進都市、地産地消、全米でも屈指の独立系書店パウエルズブックスなど、数えだしたらきりがないくらい個人的に興味があることが詰まったこの街に滞在した90日間の報告会を行いたいと思います。
日本でもポートランドやアメリカ西海岸の先進的な暮らしや考え方の情報を目にする機会が多くなりましたが、そこで語られているのは、今この瞬間の事を切り取って記事にした物が多いように感じます。しかし、僕が現地で感じた事は、それらはそこに暮らす人々の時間と歴史の蓄積の上になりたっているという事実でした。それは、音楽であったり、食への関心であったり、環境に対する意識だったり、それら一つ一つが人々の意識に根付いて、関わり合う事によってポートランドという街を作っているという事。当たり前と言えば当たり前のことですが、今暮らしている福岡という街ではその当たり前の事にあまりリアリティを感じれないような気がします。
ざっくりとアメリカで三ヶ月暮らした体験談(旅の方法・便利なシステムやその利用法)から、地方で続ける持続可能な音楽シーンとは何か、ロサンゼルス~サンフランシスコ~ポートランド~シアトルと巡った本屋のこと、などなど。きっと自由でまとまりに欠ける、とても主観的な内容になるかとは思いますが、ご来場頂けたら幸いです!
まだ未完成ですが、今回の旅の記録です。なんとなくこれに沿ったお話をしようと思っています。
http://thinkingaboutportland.tumblr.com/
ポートランド報告会「Thinking about Portland」
日程:7月18日(木)
時間:20時スタート(一時間半程)
出演:石井 勇(wood/water records)
会場:アルバス 2Fギャラリー(福岡市中央区警固2-9-14)
料金:寄付制
お問い合わせ:アルバス TEL:092-791-9335 / MAIL:info@albus.in
※飲食物持ち込み自由です。
石井 勇
福岡を中心に活動する音楽レーベルwood/watre records主宰。バンドAutumnleafではギターを担当。元cafe&books bibliothequeバイヤー。 福岡のデザインイベントDESIGNING展(今年はお休みしました、、)zine・リトルプレスのイベント&レーベル10ZINE(出席率低いです、、)等に参加。

SHARE

7月16日はお休みします

tenkyu-01.jpg
7月16日はお休みします。

SHARE

POSTALCOのアルバム

20152_image.jpg

写真を時系列に入れていくときに、ページを飛ばしてしまったりして、「あ、しまった!」という経験ないですか?
本当は、旅行先で行ったお店のかわいい包装紙やショップカード、航空券や電車のチケットなども一緒にファイリングしたいんだけどなぁと、写真のポケットに小さく折り畳んでいれたりしなければならなかったという経験は?
このアルバムは、パンチで穴を空けられるものなら何でも一緒にファイリングできるし、さりげなくプレゼンするための写真(もしくはプレゼントするための)だって忍び込ませて、他のページは、A4の裏紙をパンチして、ノート代わりに使用することだってできるのです。
写真を入れる紙は中性紙。保存にも気を使ってくれています。こんなアルバム待ってました!
albusで購入できるので、お立ち寄りの際はぜひ手に取って心地よさを確かめてみてください。一押しです。(酒井)
SHARE

九州最後の炭鉱の島・長崎市の池島炭鉱へ〜クリエイティブツアーvol.7「池島レトログラフィ」にalbusも参加!

IMG_1090.jpg
photo by fd

視点のスイッチを切り替えて、今まで見えなかったものを見る。見る目を変えていく。
エフ・ディデザイン塾のクリエイティブツアー。
第7回目は九州最後の炭鉱の島・長崎市の池島炭鉱へ向かいます。
周囲4kmの小さな離島に残された、数多くの炭鉱設備や炭鉱アパートは圧巻。
夏の冒険気分で、カメラを携えて池島へ向かいましょう!
詳細はコチラ
SHARE

3人の写真

スクリーンショット 2013-06-01 5.02.50.png

少し前に取材してもらって、3人の写真を撮ってもらったのですが、なんか私たちが出てる気がしたので記念に掲載。たまにこうやって写真に撮ってもらい、客観的に見るのもいいな。ちょっと歳取ったかもとか、3人の距離感だったり、中田さんはいつもどっしり構えてるなぁ(ちゃんと意見を持っているので)とか、山下さんどこ見てるのかなぁ(面白い視点でものを見てるので)とか、酒井さんふわふわしてるなぁ(気がついたらいないので)とか。
みなさんは自分の写真撮ってますか?
記事はコチラから
SHARE

写真家 津田直さんトークショウ/キューブリックさんで開催!

Storm Last Night25-thumb-500x161-2575.jpg

Storm Last Night1-thumb-500x161-2571.jpg

(写真は『Storm Last Night #1』より)

2001年よりランドスケープの写真作品を個展や写真集を中心に国内外で発表。湖、山肌、雲霧、風、月の径などの対象物を一見それとはわからない距離やアングルで撮影したその作品は、写真では体験できないものをいかに写し取るかという、写真の限界に挑む試みでもあります。その活動は、「TRANSIT」や「PAPERSKY」、「’Scapes」(創刊号の表紙写真)、「IMA」(最新号で巻頭から8pの特集)、「芸術新潮」、「考える人」といった雑誌でも大きくとりあげられ、また最近では、現代美術のフィールドを越えて他分野との共同制作や雑誌連載、講演会、特別授業を行うなど活動は多岐にわたっています。2010年には、芸術選奨文部科学大臣新人賞(美術部門)を受賞するなど、輝かしい経歴と素晴らしい感覚を持った写真家津田直さんの世界をこの機会に、ぜひ、体験してみてください。


津田直スライドトークショー
日時:2013年7月19日(金)19:00スタート(18:30開場)
会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック(ブックスキューブリック箱崎店2F・福岡市東区箱崎1丁目5-14・JR箱崎駅西口を博多駅方面に徒歩1分)*カフェの営業は18:00までですが、イベントにご参加の方はその後もご利用いただけます(メニューに限りがある場合があります)。

出 演:津田直
聞き手:大井実(ブックスキューブリック店主)
定 員:40名 ※要予約
参加費:1,500円(ワンドリンク付・要予約)*終了後懇親会予定
ご予約・お問合せ: ブックスキューブリック箱崎店
Tel. 092-645-0630 Mail. hakozaki@bookskubrick.jp

津田直(つだ なお)
津田直ポートレイト02.jpg1976年神戸生まれ。 世界を旅しファインダーを通して古代より綿々と続く、人と自然との関わりを翻訳し続けている写真家。2001年より国内外で多数の展覧会を中心に活動。近年ではニューヨーク、パリ、フランクフルトにて展覧会を開催。作品集には「漕」(主水書房)、『SMOKE LINE』(赤々舎)、『近づく』(AKAAKA+ hiromiyoshii)、新作写真集では、風景が信仰の対象だった古代をアイルランドに辿り制作した、『Storm Last Night』(赤々舎)がある。2010年、芸術選奨文部科学大臣新人賞(美術部門)受賞。現在、近江学研究所客員研究員、大阪芸術大学客員准教授、大阪経済大学客員教授。http://www.tsudanao.com

SHARE

ミロコマチコさんのサイン会!

スクリーンショット 2013-07-11 23.08.53.png

ミロコマチコさんに会いたい!という声をたくさん聞いているので、ワークショップやトークショウに参加できなかった方にも、会える機会を設けました。
8月3日(土)18:00〜1時間程度

albusで本をご購入いただいた方限定で、サイン会をさせていただきます。
新刊の絵本や、重松清さんが、生きることをまっすぐに考える本「こども哲学」として書かれた物語『きみの町で』も販売します。静かに考えることができる、大人にもぜひ読んでもらいたい本です。
「小さな小さなお話を、ミロコマチコさんの絵の助けを借りて、一冊の本に編んでもらいました。
すごくうれしいです。小さなお話でも、深い問いかけを込めたつもりです。
きみの町と、きみに思いを寄せてほしい遠くの町のお話とを組み合わせました。
ゆっくり読んでいただければ、と願っています。 ――重松清」
SHARE

OCICAの「屋号」について

215022_575200942506832_1233505656_n.jpg
albusで販売しているOCICA。東北のお母さんたちの手仕事のブランドです。
宮城県石巻市牡鹿半島で男性漁師のサポートをしていた方々の中には、3月11日の震災後、一日中仮設住宅に一人で過ごし、仕事も無く話し相手もおらず困っているという方々も少なくありません。わずかながらでもそういった方に収入をもたらすこと、各々の役割としての仕事をつくること、そして住民同士の交流機会創出によるコミュニティづくり(再生)がこのプロジェクトが目指しているところです。
OCICAの商品はネックレスやピアスがあり、牡鹿半島ならではの素材である、鹿角と漁網でつくられたアクセサリーです。
良い夢を運んでくれるお守りのドリームキャッチャー。また古来より水難・海難のお守りとして使われてきた鹿の角に復興への祈りを込めてつくられています。そして本商品一点ごとに売上の一部(1,000円)が作り手の収益となります。
995826_685191604841098_1501345038_n.jpg
その商品パッケージの右下あたりにハンコで記号のようなものを押しているのをご存知でしょうか?
「屋号」と呼ばれるもので、各漁師さんごとに屋号があって、漁で使う浮きやカゴなどに書いておいて自分のものを区別する、いわば名前のようなものだとか。
OCICAも屋号のハンコを押すことで、どの商品がどのお母さんが作ったかが分かるようになっているようです。
このことを知って、どんなお母さんが作ってくれているのかなぁ、会ってみたいなぁと、ぐっと東北と近くなれるような気がしてうれしくなりました。手に取った際はぜひ見てくださいね。
SHARE