albus|ご飯も食べれる「まちの写真屋」

  • 撮影ギャラリー
  • アルバス写真ラボの紹介
  • アクセス・お問い合わせ
  • メールマガジン登録

スタッフ日記トップへ

ベルリン写真留学日記 vol.2 ーTOMOHIRO HANADA

DSC_0213.JPG


インターンでアルバスのお手伝いをしてくれていた花田くんの文章を読むだけでとっても刺激的です。(花田くんの紹介はこちら / 留学日記 vol.1はこちら



国籍はバラバラ


学校が始まりました。


クラスメートは僕を含めて15人。

アメリカ人2名を除いてすべて国籍が違います。イタリア、スペイン、オランダ、トルコ、フランス、ロシア、スイス、イラン、デンマーク、アメリカ、ドイツなど国籍は様々です。多過ぎて残り2名の出身国を忘れてしまいました。笑


とりあえずさすがインターナショナルクラスです。年齢も様々、20歳くらいの若い子もいれば40歳くらいで他の仕事をしながら写真を学びたい大人の人もいます。平均して30歳くらいでしょうか。


授業は、すべて英語で話します。アメリカとイギリスに5年間いたので余裕かなと思っていましたけど写真の専門用語を覚えなければいけないので少し苦戦しています


基本的に学校は、凄く自由です。予約をすれば写真スタジオを無料で貸してくれるし、パソコンも使い放題、暗室作業も学校で24時間やれます。アナログのカメラも貸してくれます。


喉が渇いたら学校でビールまでも買えます。さすがビール大国ドイツです。笑


授業内容は、プロフェショナルフォトグラフイー、テクニック、レタッチ、歴史など色々とあるんですけど、基本的には、撮影をしてきたものを見せて、プレゼンの仕方、写真についてみなでデイスカッションをどの授業でもやっています


この前、面白かったのはクラスメイトが撮ってきた写真を見て、自分ならどういうふうな構図で撮るか絵に描いてみるっといった内容でした。みんなのアイデアも聞きながら進めるので視野が広がりそうです。


授業時間は、10時から17時までで合計7時間です。


二週間に3日間で進めるというなんとも緩いペースでっと思っていたのですが、ゆっくりする暇がありません。それは課題を提出していかなけれならないからです。授業は5ヶ月あるのですが一ヶ月に1つか2つプロジェクトを終わらせなければいけません。


こちらが課題です。


課題


1ピンホールカメラを使っての撮影 室内と外

2マテリアル撮影

 アナログカメラを使って、グラス、木、プラスチック、メタルを撮影(白黒)

3クラスメイト14人のポートレイト撮影

4 Tempelhof feldを撮影、レイアウト(最低10枚)

 カタカナでテンプルホールフィールドと言います。昔の空港を、建物や滑走路

 そのまま公園としてのこした貴重な場所。とりあえずめちゃくちゃでかいです。


(建築物を壊して、新しく作るのでわなくリサイクルする考え方が好きです)


5音楽写真(一つの音楽がらインスピレーションを受けて、自由に撮影)

6自由課題を2つ提出

7自分のポートフォリオを作成、リポート付きで提出


まだ、ベルリンに来て一ヶ月も経っていませんけど、本当に来て良かったなという気持ちです。それは、生まれ、育ちも違う国籍をもった人がこの学校を通じてつながり、人それぞれ目的は違うけどみなで写真と向きあっていける環境に出会えたからです。これからドイツは寒くなるみたいですけど楽しんでいきたいです。


最後に、写真はMauer Parkというベルリンの公園でカラオケをしている時に撮ったものです。日本とは、違うスタイルでみな楽しんでいます。歌が上手い人も、下手な人もみな恥ずかしがらず歌を歌い楽しんでいるところが素敵でした


TOMOHIRO HANADA

  • アルバス
  • 2015年09月24日

ALBUS×F_d写真教室 第4期が終了しました

IMG_8805.JPG

6月から3ヶ月に渡って開講されたALBUS×F_d写真教室 第4期。
最後の作品発表をもって9/14に終了しました。

すっかり涼しくなったこの日。発表のために事前にアルバスでプリントした六つ切サイズのプリントを受け取り、まずは1冊の作品集を作ります。
作品集作りも十人十色で、大胆にどんどん張っていく方もいれば、最後の最後まで構成を熟考する方も居ます。
それぞれが発表の緊張を抱えながら、納得のいくところまで悩んで答えを出して、作って。それだけで感涙の山下。。。

IMG_8656.JPG

アルバムが作り終わると、いよいよ発表です。

IMG_8661.JPG

自分が決めたテーマ、考えたストーリー、過去の体験などからの一枚一枚の写真に込められたメッセージや構成の意味をそれぞれの言葉で語っていきます。
生徒さんの言葉を聞いて、一枚の写真を見る視点がぐっと変わって引き込まれる。そんな瞬間のドキドキが何度も何度も起こる、素晴らしい発表会でした。

IMG_8756.JPG

IMG_8752.JPG

IMG_8736.JPG

この4期は、生徒さん同士がとっっっても仲が良く、腹筋が筋肉痛になるくらい笑いの絶えないクラスでした!
ユーモアのある方ばかりですが、作品に対してはとことん真剣に向き合っている姿がとても印象的で、山下舞も負けてられないーっと毎度喝をもらっていました。
写真教室を卒業してからもそれぞれの作品を見るのがとっても楽しみです!

IMG_8686.JPG

IMG_8741.JPG

次回のALBUS×F_d写真教室は、年明けの2016年。
またきっとたくさんの刺激と感動に出会えるだろうなあ、とワクワクしています。
  • アルバス
  • 2015年09月16日

ベルリン写真留学日記 vol.1 ーTOMOHIRO HANADA

DSC_0298.JPG 
前回紹介させてもらった花田くんが、さっそく日記を送ってくれました。これから引き続き更新をしていきますが、ドイツ・ベルリンの旬な情報が舞い込んでいますので、世界で活躍しようと思っているアーティスト(表現者)には必見かもです。ぜひ読んでみてください。

ベルリン写真留学日記

初めましてアルバスでインターンをさせていただいていました。花田です、以前は、ファッションスタイリストを国外でやっていました。写真をやりたいという気持ちがスタイリストの仕事中にも、モヤモヤしていまして、急にですが写真の勉強を始める事にしました。ファッションの写真ではなく、ドキュメンタリー、アート、ストリートなどの写真をやっていきたいです。

ベルリンに来て一週間がたちます。やっと家が決まり落ち着きそうです。でも、そんなに簡単に海外に行って家とか見つかるのって言う人がいると思うので日本人用のサイトを紹介しようと思います。

Mix-B ドイツ

あっとベルリン

ドイツ語または、英語ができる方には

Mix-bは、ドイツ以外にも、イギリス、イタリア、フランスなど違う国で使えるのものですごく便利かも。

なぜベルリン
さてさて、なぜ僕が写真を学ぶのにベルリンかと言いますと、ごくごく単純でロンドンにいるときの写真友達に写真の本場ってどこなんって?聞いた答えがドイツだったからです。それから色々と自分で探してみるとたくさんの面白いアーティストが、ただいま国立国際美術館(大阪)で展示会を行っているヴォルフガング・ティルマンス、2012年に写真としては、3億円と史上最高額の破価格で落札されたアンドレアス・グルスキー、ファッション写真の巨匠ヘルムとニュートン等々。また、学費がめちゃくちゃ安い、国立大学では、ほぼ無料、専門学校でも高くて一年間で30万程。

ヨーロッパ中の面白いアーティストが今ベルリンに集結している。30歳までワーキングドイツのホリデーが使えるという様々な点でベルリンに来ました。(現在29歳)僕が通う学校はNeue schule Photograpfie(ドイツ語)です。英語で、ニュースクールフォトグラフィーと言います。

インターナショナルコースと言う英語を使った写真の授業が5ヶ月間あります。一週間後に始まるのでワクワクです。どんな仲間と出会うんだろう。

ベルリンで感じた事は、素敵な町です。大人も子供も性別、年齢関係なく一緒に遊べる事ができます。特に公園は、すごく良い。ミュージシャンが無料ライブをしたり、バーベキューしたり、バスケしたり、ただただ寝そべっていても良い。
一言で言えば自由。色々と刺激がある町です。これからも楽しんでいこうと思います。

インスタでもベルリンの写真をあげているので良かったらFollowしてください。

Instagram名 TOMOHIRO_HANADA_0610

よろしくお願い致します。
  • アルバス
  • 2015年09月04日

  • 最新の記事へ
  • ご飯も食べれるまちの写真館、アルバス写真ラボのホームページです。
  • 今月の店休日

mark

▲ TOP

home