albus|ご飯も食べれる「まちの写真屋」

  • 撮影ギャラリー
  • アルバス写真ラボの紹介
  • アクセス・お問い合わせ
  • メールマガジン登録

スタッフ日記トップへ

トークセッションのお知らせ

12637172_1013641242028563_365402728_o.jpg


※ALBUSでの開催ではありませんが、酒井が出させてもらうのでちょっとご報告。

『街で何か面白いことをやりたいなあ』、『店を開くだけでなく、街なかを楽しみながらお店もやりたいなあ』、という人は多いかもしれません。そしてそんな人が増えると街はもっと楽しくなるハズ。そこで全四回に分けて福岡の薬院・警固で"街を楽しみながら"店を経営している人をメインゲストとして、座談会を開催します。今回は第四回です。独自の面白い取組みや、店舗運営の失敗談・成功談など、盛りだくさんのトークイベントです。

 

〔INFORMATION〕

<日程>

2/26(金) 18:30~20:30(受付18:00~)

応募開始:受付中~2/23(火)

※定員になり次第受付終了

<会場>

FINDER(佐賀市唐人1丁目-5-40唐人パルビル1F)

<定員>

15名

<参加費>

1,000円/回(ワンドリンク込み)

<応募方法>

下記の問合せ先までTELもしくはメールにて申込

<問い合わせ先>

まちづくり機構ユマニテさが

machidukuri@humanite-saga.com

0952-22-7340

 

第四回目の福岡のゲストは、福岡市警固にて「ALBUS」というショップを経営する酒井咲帆さん。彼女は白い一軒家の中で、写真現像・プリント、雑貨販売、写真館を経営しています。ここは1階にカフェがあり、食事がてら、写真を焼いたり眺めたり、家族撮影をしたりも可能。2階のスタジオでは、イベントや展覧会、ワークショップ、写真教室などが企画され、撮影がないときもいろんなな客が集まる場として活用されています。そして佐賀からは、佐賀市唐人町にてカフェ&フォトギャラリー「FINDER」を経営する平片康一朗さん。中央大通り沿いにあって、定期的に写真展も行われており、店の奥にモノクロレンタル暗室を備えているのが大きな特徴あるカフェです。こんな『写真』を通じたビジネスを行っているお二人。今回はもちろん写真がトークテーマの中心ですが、写真という枠にとどまらず、クリエイティブで収益性のある、かつ街も楽しくなるような取組みって何だろう?的な話にも広がっていくかもしれませんね。【庄野雄輔】

  • アルバス
  • 2016年02月26日

いとおしい、あなたへ

IMG_9965.jpg

すばらしい写真展だった。

母が撮った写真を、息子があらためて編集しなおして手焼きでモノクロプリントし、その頃を思い出して(あるいは親戚に当時のことを聞いたりして)キャプションを書いている。

例えば、待望の子どもが生まれた日の写真。けどそこには肝心な息子は写っておらず、蚊帳をかけたベビーベッドとそこに差す光が写っている。息子がその写真につけたキャプションは

「1965年 結婚3年目。待望の子ども(私)が生まれました。ベビーベッドにかけられている蚊帳は、同居のおばがプレゼントしてくれたもの。おばと母は本当の姉妹のように仲が良く、協力し合って私を育ててくれました」

明日(3/21)はご両親が来られるとのこと。展覧会はサプライズだそうです。家族がこの場で合う瞬間を、母がこの写真をあらためて見る瞬間を目撃できた人はきっと幸せが何かということを気づける日になる気がする。(展覧会『いとおしい、あなたへ』は明日21日、日曜日まで)本当に必見です。

  • アルバス
  • 2016年02月20日

日記のようなお知らせ。お知らせのような日記。

こんにちは
最近の福岡は、昼から少し暖かくなる日が続き
毎朝通る道の端っこにある木にふっくらした何かを見つけては
「あら、芽吹いてる。春はもうすぐだな~。」
と、ほかほか春の気配を感じては立ち止まってしまうもんで
「あちゃ!もうこんな時間!もう、木!」
と、出勤時間ギリギリに到着してしまい
芽吹いた木々達を美しさ故に一瞬悪者にしてしまう、山下真理子です。どうも。ごめんなさい。

こんな暖かさを感じる日中ですが、夜になるとガクッと気温が下がるので
うかうかできませんね。。
下がると言えば、、みなさん先々週の福岡40年ぶりの大寒波の日を覚えてますでしょうか?
もうすぐ60歳になる母に、40年前の大寒波覚えてるか聞いたら
案の定、覚えておりませんでした。
いろんな季節をめぐっては記憶はどんどん薄くなってくるのは当たり前ですが
何か形として残れば、温度、匂い、、、と、思い出すんじゃないかなーと思います。

形、形、形、、、
はい!そうです。お待たせしました!
大寒波の1月23日、24日は恒例の護国神社蚤の市が開催されました。
今回も、オフィシャルカメラマンを募り
当日の風景、人々を撮影してきていただきました。
歩く事(わたし2回こけました)、声をかけること(雪が口に入ってくる)、シャッター押すこと(かじかんで)、レンズを回すこと(手袋のため)が、とくに慎重になった1日だったと思います。 (参加者の皆様本当にありがとうございました!(大声))
そんなあの2日間が形になりまして、ALBUSFacebookから見れるようになりました!護国神社蚤の市サイトでも追って更新していただきます :-) 是非ご覧下さいませ。


これらを見てるとつい最近のことなのに
懐かしくも感じます。。
写真っていいなーと、つくづく思うわけです。
また、蚤の市は場所を変えて舞鶴公園にて3月26日、27日にも控えてますよ!ALBUSも参加します。詳細は、決まり次第ALBUSHPにてお知らせをいたしますね!   

=番外編=

写ルンですで撮影した記録写真をどうぞ。 (写ルンです♩アルバス絶賛発売中)011.jpg

肉まん4個たいらげました。

001.jpg

なんだか、いいお話しが行われてそうです。

003.jpg

雪もしたたる、いい男。

000015.JPG

008.jpg

サバパンは、しびれるうまさでしたよ。サバのフィールドは白米だけではありませんでした。

007.jpg

桜坂駅そばにできた、OYATUYAさん。バレンタインの予定が、まだの人は要チェック!うまし!

006.jpg

冬も終わりに近づきましたが、まっきーが聞きたくなりますね。 冬がはじまるよ〜 ♩ 

009.jpg

ALBUS OFFICIAL CAMERAMAN メンバー ! 本当にありがとうございました :-) 
また会う日まで〜 

  • 山下
  • 2016年02月08日

  • 最新の記事へ
  • ご飯も食べれるまちの写真館、アルバス写真ラボのホームページです。
  • 今月の店休日

mark

▲ TOP

home