albus|ご飯も食べれる「まちの写真屋」

  • 撮影ギャラリー
  • アルバス写真ラボの紹介
  • アクセス・お問い合わせ
  • メールマガジン登録

スタッフ日記トップへ

トークセッションのお知らせ

12637172_1013641242028563_365402728_o.jpg


※ALBUSでの開催ではありませんが、酒井が出させてもらうのでちょっとご報告。

『街で何か面白いことをやりたいなあ』、『店を開くだけでなく、街なかを楽しみながらお店もやりたいなあ』、という人は多いかもしれません。そしてそんな人が増えると街はもっと楽しくなるハズ。そこで全四回に分けて福岡の薬院・警固で"街を楽しみながら"店を経営している人をメインゲストとして、座談会を開催します。今回は第四回です。独自の面白い取組みや、店舗運営の失敗談・成功談など、盛りだくさんのトークイベントです。

 

〔INFORMATION〕

<日程>

2/26(金) 18:30~20:30(受付18:00~)

応募開始:受付中~2/23(火)

※定員になり次第受付終了

<会場>

FINDER(佐賀市唐人1丁目-5-40唐人パルビル1F)

<定員>

15名

<参加費>

1,000円/回(ワンドリンク込み)

<応募方法>

下記の問合せ先までTELもしくはメールにて申込

<問い合わせ先>

まちづくり機構ユマニテさが

machidukuri@humanite-saga.com

0952-22-7340

 

第四回目の福岡のゲストは、福岡市警固にて「ALBUS」というショップを経営する酒井咲帆さん。彼女は白い一軒家の中で、写真現像・プリント、雑貨販売、写真館を経営しています。ここは1階にカフェがあり、食事がてら、写真を焼いたり眺めたり、家族撮影をしたりも可能。2階のスタジオでは、イベントや展覧会、ワークショップ、写真教室などが企画され、撮影がないときもいろんなな客が集まる場として活用されています。そして佐賀からは、佐賀市唐人町にてカフェ&フォトギャラリー「FINDER」を経営する平片康一朗さん。中央大通り沿いにあって、定期的に写真展も行われており、店の奥にモノクロレンタル暗室を備えているのが大きな特徴あるカフェです。こんな『写真』を通じたビジネスを行っているお二人。今回はもちろん写真がトークテーマの中心ですが、写真という枠にとどまらず、クリエイティブで収益性のある、かつ街も楽しくなるような取組みって何だろう?的な話にも広がっていくかもしれませんね。【庄野雄輔】

  • アルバス
  • 2016年02月26日

写真家 津田直トークショウ「極北の先住民サーメが繋ぐ生きる術」@パタゴニア福岡

ns_20150303_01-300x237.jpg

ALBUSでも交流のある、写真家 津田直さんが、大名のパタゴニアでトークをされるそうです。おすすめです!

2012年夏、今冬の二度に渡るラップランドの旅で出会った現代社会に順応しながらも以前と変わらぬトナカイの放牧やサケ漁をして暮らすサーメ人。
彼らの生活や生き方から垣間見えた伝統や精神、生きる術などについて、現地で撮影した写真のスライドショーを投影しながらお話する予定です。
ご興味のある方、是非ご参加下さい!

福岡 [SAMELAND]
タイトル PATAGONIA SPEAKER SERIES「極北の先住民サーメが繋ぐ生きる術」
日時 2015年3月24日(火) 19:30-21:00
会場 パタゴニア福岡(福岡県福岡市中央区大名2-1-6)
定員 40名(要予約)
参加費 無料

ご予約・お問い合わせ tel:パタゴニア大名店 092-738-2175(11:00~19:00)※ALBUSでは問い合わせや予約のお受付はできません
  • アルバス
  • 2015年03月24日

「とっとっと? きおく×キロク= 」クロージングトーク

s-018Z1978-640x426.jpg

アルバスの酒井も作品「いつかいた場所」を出展している展覧会福岡県文化会館建設50年記念 とっとっと? きおく×キロク=が11/24でクローズになります。11/23と24は、急遽トークをすることになり、酒井も17時頃に急いで行く予定です。:-)
良かったらぜひ会場でお会いしましょう。普段言葉にしないけど考えていることや、思わずしゃべりたくなったことなど、みなさんと一緒に話せたらと思っています。17時以降のデープな美術館にも出会えます。そしてやさしい学芸員さんのお話しも聞くことができます。お楽しみに。

【企画概要】

「とっとっと? きおく×キロク= 」展会期最後の2日間(11/23, 11/24)、クロージングトークを行うことにしました。時間はともに16:00から(通常のギャラリートークより開始時間が遅くなっていますのでお気をつけください)。

担当学芸員である竹口が展覧会の企画意図や作品への愛情を語るだけでなく、出品作家も参加したりたたずんでいたり。あまりかしこまらずに自由におしゃべりいたしますので、どうぞお気軽にご参加ください。なお出品作家の参加/不参加については現在調整中ですので、決まり次第お伝えいたします。(福岡県立美術館学芸員:竹口さんより)

「とっとっと? きおく×キロク= 」クロージングトーク

11月23日(日)、24日(月休) ともに16:00~
福岡県立美術館 4階展示会場内
トークの参加に料金はかかりませんが、展覧会チケットをお持ちください
*作家の参加については現在調整中です

  • アルバス
  • 2014年11月17日

スライド&トーク『じゅんさんのひとりカタリバ』

nakata_photo.jpg

3年間共に働いた中田絢子さん(なかたじゅんこ/通称じゅんさん)が、3月で卒業となりました。旦那さんと一緒に京都に引っ越すことになっています。
私たちはずっとじゅんさんと一緒に働いてきたのですが、お互いのプライベートを覗くこともあまりなく、じゅんさんが撮っている仕事以外の写真をそんなに見ることがなかったので、「見たい!」と自分たち(ALBUSスタッフ)のためにこの企画するというわがままな会です。でももしよければみんなでお別れ会ができればいいなと思い、ぜひじゅんさんを知っている人にも来てもらいたいなと思っています。特に予約とかは必要ないので、遊びに来る感覚でいらしてください。持ち寄り制にしようと思うので、飲みたいものや食べたいものがあればぜひ持ってきてもらえるとうれしいです。ALBUSからも少し用意していますので、ご遠慮なく終了までのご都合のよい時間にいらしてください。

タイトル:スライド&トーク『じゅんさんのひとりカタリバ』
日時:3月8日(土)19:00~21:00くらいまで
内容:じゅんさんの写真を見たり、思い出話に花を咲かせる会
参加:特に予約は入りません。じゅんさんを知っている方、会いたい方、エールを送りたい方はぜひ
持ち物:差し入れ大歓迎です。それ以上はお気遣いなく

  • アルバス
  • 2014年03月08日

1/26 写真家 津田直トークショウ報告

5D3_7954.jpg

5D3_7955.jpg

5D3_7958.jpg

5D3_7959.jpg

5D3_7961.jpg

5D3_7963.jpg

写真家の津田直さんが来てくれました。
数日前まで行っていたナガランドの話し。
135の部族が、軍の指導で争いを止め、そのために言葉も知り得ない部族同士が、お互いを知る為に祭りを開催し、それぞれの民族衣装を着て、山を越え、谷を越えそこに集まり互いに交流し合うという場に津田さんはあえて足を踏み入れた。

「『人間』であるということを全く違った視点で感じ取れる」と言う津田さん。
そもそも人間の本質とは何なのか。
文明が発達した現代社会にいる私たちの日常がある一方で、同じ瞬間を過ごしているナガ族たちの生活を想像すると、同じ人間であることについて思いを巡らせては止まらない、時間を行き来するようなお話会になりました。
  • アルバス
  • 2014年01月28日

  • 最新の記事へ
  • ご飯も食べれるまちの写真館、アルバス写真ラボのホームページです。
  • 今月の店休日

mark

▲ TOP

home