albus|ご飯も食べれる「まちの写真屋」

  • 撮影ギャラリー
  • アルバス写真ラボの紹介
  • アクセス・お問い合わせ
  • メールマガジン登録

スタッフ日記トップへ

「子どもの撮影アドバイス」

main_image_pc.jpeg

育児用品のピジョンさんのサイトに、ALBUSの酒井がコラムを書いています。よかったらご覧ください。
http://comodo.life/memories/article-101.html
  • アルバス
  • 2016年08月14日

【お知らせ】現像・データ書き込み価格改定のお知らせ

ALBUSのラボをご利用いただいているみなさまへ

いつも大切なネガをお預けいただき、ありがとうございます。
このたびALBUSでは、提携先ラボの現像代の値上げ及び材料費の高騰につき、現像とデータ書き込みの一部価格改定をさせていただくことになりました。ご理解いただけますと幸いです。

いままでより一層、みなさまの大切なネガやプリントを丁寧に預からせていただきたいと思いますので、これからもALBUSをよろしくお願いいたします。


(旧価格)→(新価格)

120mmネガ現像  600円 → 650円
35mm・120mm モノクロ現像  700円 → 840円
35mm・120mmTmax現像  1060円 → 1270円

35mmハーフ 同時CD書き込み 320円 → 620円
35mmハーフ 焼増CD書き込み 620円 → 920円

*2016年9月1日より実施します。
  • アルバス
  • 2016年08月11日

ダンシングフォト with ALBUS OFFICIAL CAMERAMAN カメラマン募集!

P9850371_クレジット入り.jpg

警固の写真屋ALBUSでは、ALBUS OFFICIAL CAMERAMAN(以下AOC)と題して、不定期ですが『撮影+αな』体験を提供しています。今回、その撮影会に10/16に来福する芸術家集団ANTIBODIES Collective(略称 アンチボ)よりダンサー・東野祥子さん特別に登場してくださいます!ダンサーの踊る様子を、カメラマン自らも"踊りながら!?"撮影。そして大名での写真展も実現します。会場はkiki boutique。アンチボの奇想天外な世界観に彩られた店内を自由に撮影しませんか?作品は同店内で9/1~10/16まで行う「ダンシングフォト with AOC写真展」にて展示いたします。

日  時:平成28年8月6日(土)※各50分間
〈A〉18:30~19:20 (18:00~受付開始) 
〈B〉19:30~20:20 (19:00~受付開始) 
*どちらか回のみご参加いただけます

会  場:kiki boutique(福岡市中央区大名1丁目10-27)

参加費:2500円(フィルム現像+プリント+データ作成 1本分orデジタルプリントLサイズ30枚無料+展覧会開催)
※チケット購入はPeatixに従ってください。キャンセルの場合も、払い戻しはできませんのでご注意ください。

持ち物:カメラ(デジタル・フィルム問いません)・ペンライトなど光を放つもの(あれば) 
※店内が狭いため、大きな手荷物はご遠慮ください
定 員:各回10名 (要予約/先着順)

《予約方法》
ご予約はこちらから!
お申し込みされた方はチケット購入後、ALBUSへメールにて、下記をお知らせください
1)お名前
2)ニックネーム(展示のキャプションやHP掲載用/必要であれば) 
3)電話番号(当日連絡が取れる携帯電話)
4)メールアドレス

《連絡先》 
*下記は、当日の会場ではないのでご注意ください
ALBUS|アルバス 福岡市中央区警固2-9-14
mail : info@albus.in
tel : 092-791-9335

《ワークショップ講師》 
東野祥子(ひがしの ようこ)振付家・ダンサー。
2000年から2014年まで、東京を拠点にDance Company BABY-Qを主宰。2015年活動拠点を京都に移し、ANTIBODIES Collectiveを立ち上げ、他ジャンルのアーティストとともに制作活動。劇場やオルタナティブスペースにて数々の作品を発表し、国内外で招聘され高く評価されている。2010年舞踊批評家協会新人賞など受賞多数。

ANTIBODIES Collective(あんちぼでぃ・これくてぃぶ)
2015年、ダンサー・振付家の東野祥子と音楽家のカジワラトシオによって設立された、音楽・ダンス・映像・照明・美術などのスペシャリスト集団。集合体として活動することで、慣習的な創作と思考パターンを打開し、パフォーマンスや舞台芸術に新たな回路を開くことを目指している。ANTIBODIESは「抗体」のこと。体内に入ってきた異物に反応し、体から追い出すために作られる対抗物質を意味する「抗体」は、人が産まれながらに持っている能力。"社会の様々な悪を取り込み、抗う身体で新しい形を産み出ていく"という意思が込められている。http://antibo.org/
  • アルバス
  • 2016年08月06日

現像機を入れ替えるためフィルム現像に納期がかかります

8/5(金)10:00より、フィルム現像を現像機を入れ替えます。
そのため、フィルム現像の仕上げに時間がかかることがありますことをご了承ください。
その間の現像は、富士フィルムのラボへ送ります。納期は1週間程度かかります。
大変ご迷惑をおかけしますが、
今後もみなさんのフィルムを大切にお預かりできるようにそのようにさせていただくことにしました。
引き続きよろしくお願いします。

  • アルバス
  • 2016年07月26日

LIGHT YEAR展 結果報告 !!!

お ま た せ し ま し た  !

第3回目となるアニバーサリー企画として開催しておりました " LIGHT YEAR展 "の結果発表です。
写真という文化が誕生して、何百年と経ちフィルムカメラからデジタルカメラ、携帯カメラ、と拡がり
次はどんなものが生み出されるのかと、何においても在るもので充分と思いがちな自分ですが、ほんの少しわくわくしてます。
そんなSNSなどが普及され、今では誰もが気軽に写真を撮り、コミュニケーションができる時代となりましたが、フィルム写真!というくくりで募集させていただき46名の作品が会場を埋め尽くしました。
今回の展覧会では、出展した方達や見にいらした方達に向けて投票箱を設置しまして、
投票いただいた数は200!
みなさん楽しみながらも真剣に見ていただいたことが伺える程のコメントの数々。
本当にありがとうございました。 
それでは、まずはライトイヤー展の様子をご覧くださいませ、、!

5D3_1240.jpg
5D3_1251.jpg
5D3_1265.jpg
5D3_1262.jpg
5D3_1260.jpg

同時に開催されてた、中田カメラマンの展示もチラリ : ) 
5D3_1245.jpg

お ま た せ し ま し た ... 選ばれた作品達です。ドドーン !!! 

第1位 タイトル:プカプカ
000003.JPG
コメント:真夏の太陽の下、自転車を漕いで撮りに行った竹富島の海です。
どこまでもクリアで、いろんなカメラで何枚もシャッターを切ったのを覚えています。
また行きたい場所のひとつです。
名前:久保 浩子
使用カメラ:CONTAX RTSⅡ フィルム:kodak 160NC

第2位 タイトル:孤愁
img017.jpg
コメント:「ほんとうの寂しさというのは、人間存在そのものの底にある孤愁だよ」
という言葉に共鳴して撮影しました。
名前:井上 優香里
使用カメラ:OLYMPUS OM-1 フィルムNEOPAN 400 PRESTO

第2位 タイトル:stardust
000032.JPG
コメント:見上げて観る光はもとは同じ煌めきを見ると自分が濾過されていく気がします。
名前:佐々木 隆裕
使用カメラ:CONTAX Aria  フィルム:Kodak ULTRAMAX 400

第2位 タイトル:holiday
photo.jpg
コメント:少しは休ませてほしい。休日なのだから!
名前:三笠 秀行
使用カメラ:Nikon F4 フィルムKodak GOLD 200

第3位 タイトル:春の車窓
img018.jpg
コメント:2015年2月、高松で乗った「ことでん」。
まだ寒い頃の陽の光がうつくしかった。
名前:しろまゆい
使用カメラ:VivitarのUltra Wide&Slim フィルム:FUJICOLOR SUPERIA X-TRA 400

第3位 タイトル:IN MY TOWN TOKYO
000005.JPG
コメント:なんか感じてくれたらいいなー

小田急線豪徳寺駅前
名前:Ippei Furuuchi
使用カメラ:Nikon New FM2 フィルム:Kodak PORTRA 800

以上です。
今回の展示を通して、
これからも、いろんなカタチで写真表現ができる場で在れたらな、、
作品を前に強く強く思いました。またいつかの機会に。。。 :-)

※上位3位までは景品をご用意してますので、ご都合の良いときに引き取りにお越し下さいませ
  • 山下
  • 2016年07月02日

  • 最新の記事へ
  • ご飯も食べれるまちの写真館、アルバス写真ラボのホームページです。
  • 今月の店休日

mark

▲ TOP

home