NEWS / SHOP TOPICS

最新ニュース / ショップからのお知らせ

撮影のご予約/方法

予約サイトはこちらをクリックしてください

●スマートフォンでの撮影のご予約方法

予約画面へ飛ぶと、まずはじめに【プラン選択】が出ますのでご希望のプランを選択してください。黄色い帯が出たら、選択中となっています。

プラン選択後、そのまま下へスクロールするとカレンダーからご希望のお日にちを選択する事ができます。○が付いている時間はご予約可能となっております。ご希望のお日にちとお時間を選択してください。

ご予約日・時間を選択後、そのまま下へスクロールし、ご希望の撮影内容をお選びください。

撮影内容の選択後、そのまま下へスクロールし、代表者さまの情報をご入力ください。

予約者情報入力後、そのまま下へスクロールし、撮影される人数を数字のみご入力ください。※お子さまがいらっしゃる場合は、お子さまの「お名前・ふりがな・性別・お誕生日」を必ずご記入ください。

【予約内容確認】→お間違えなければ【予約】ボタンを押して完了となります。

予約完了後、アルバスから予約完了メールが届きます。届かない場合は予約が出来ていない場合がございますのでご注意ください。

※撮影終了時刻はお選び頂くプランによって異なります。

SHARE

写真のあれこれについて  ネガフィルム保存方法 2

こんにちは
お日さまがサンサン顔を出してる福岡です。皆様いかがお過ごしですか。
お久しぶりの「写真のあれこれ ネガフィルム保存方法」です。
牛歩になりそうと予言してましたが、
前回の更新から半年もたちました。じぇじぇじぇ!
https://albus.in/post-5073/

今回は、ALBUSに通っていただくようになって10年経つかなぁ?
普段は、看護師として働く青木くんより声を聞かせていただきました。
わたしは、痛みに気づいてないだけかもしれませんが
病院に行く機会は少なく、行くと働く方達の頼もしい言葉や笑顔に心から救われます。
お店のカウンターの前ではとってもひょうきんな青木くんですが、
こうやって働いてるんだろうなぁと、待合室で目頭熱くさせてます。

そんな彼は、恋人や、家族、お友達に、風景写真に、大好きな広島の町から、アウトドアから・・・と、
目に入る眩しい時間達を瞬きをするように50年前のフィルムカメラからデジタルカメラで撮り続けており、
カメラがもはや体の一部のようで、今日もきっと構えてると思います^^
それでは、青木くんの保存方法を写真とともにご覧ください。


現在の保存方法になったきっかけを教えてください。
–デジタルカメラからフィルムカメラをメインに使うようになり、それに伴いネガが沢山溜まるようになりました。現在の保存方法になったきっかけは2つあります。1つ目は写真展などで写真をプリントする際に”どこにどのネガを保存しているか分かりやすくするため。2つ目は、「プロラボさんからネガをきちんと保管していれば何年経っても綺麗にプリント出来る」とアドバイスを頂いたからです。

活用してみた感想はいかがですか。
–わたしの場合、マスキングテープで撮影した日付と場所、使用カメラ・レンズ・フィルムを記載しているので、「何を使ったか?」という確認と検索もしやすくしています。また、現像の際にネガに何桁かの数字が割り振られており、その番号をお店でデジカメプリントしたCD-Rに記載する事で、画像も検索しやすいように工夫しています。

どちらで購入してる?
–HAKUBAのネガプロシリーズをヨドバシドットコムで購入しています。
(アルバスでも注文できますよ。こしょこしょ。)


どれくらい収納できますか?
-1冊にどれくらいの本数のネガが入っているか確認した事ないので分かりませんが、かなりの本数入ります。
(預かってる分を確認しただけで60本収納されてます)

これまでの保存方法の経歴・失敗談とか
–ネガの袋を入れ替えたり、撮影データを記載する作業は写真を撮れば撮る程増える作業のため、大変だと感じることもあります。ただ、久しぶりに保存作業をすると”何処へ行き誰と遊んだか”という事を思い出したり出来るので、反面楽しい作業だとも思います。

こんなのあったらいいなぁ保存方法
–お店によっては、CD-Rやインデックス、アルバスさんは伝票に一言添えていたりするので、それらをネガと一緒に保存出来たらいいのにな、と思います。

以上になります。参考になりましたでしょうか。
こだわり抜いた保存方法、このネガファイルは既に、何冊もあるそうです。
なかなかの忍耐力(私にとっては!笑)と写真への愛情を感じます。
また、マスキングテープに一言言葉があるのがいいですよね。ネガを見れば思い出す状況も、一言その時の気持ちが文字としてあるだけで、撮影時の空気感が感じれる気もします。少しのひと手間を続けることが何よりも重要だなとつくづく思います。

そしてそしてこれから湿気やカビの季節に突入です!
愛で方はそれぞれにあるかと思いますが、撮る前・撮ってる時・撮った後もリズム良く写真のある生活がおくれますように!
我こそは!という方ぜひ聞かせてください。

SHARE