NEWS / SHOP TOPICS

最新ニュース / ショップからのお知らせ

ALBUS青空写真館 in 第36回護国神社蚤の市

こんにちは!
今回も護国神社蚤の市にて青空写真館を開催します。
今回は、動きのある写真はもちろん。
スタジオ撮影でも使用している椅子もご用意しておりますので、いつもとはすこし違った雰囲気の写真が撮れます^^

====

 当日の受付もOKです!/
日時 202028日(土)・9日(日)*雨天中止
場所 護国神社 蚤の市会場内  *中央鳥居付近の「ALBUS」ブースにて受付をお願いします
料金 5,000円(税込)
内容 撮影料  写真データ3枚+ おいしいプレゼント
    *データ追加もできます(1データ 3,000円)
    *たくさん撮って、その中からセレクトしてきれいに編集をしたお写真をお渡しします。
定員 先着10組(予約制・枠が空いている場合は当日も参加可能)*予約優先
撮影時間 15分ほど
予約はメールまたはお電話で info@albus.in / 092-791-9335

====

そしてそして!!撮影された方には土曜と日曜それぞれ違うプレゼントがついてきます^^

 8日(土) :  6PPOさんの蚤の市オリジナルアイシングクッキー

(*写真はイメージです)
六本松にお店を構える、アイシングクッキーと子供服のお店です。
とても可愛くてポップなクッキーたちなので、一緒に写真撮影してもいい思い出になるかもしれません^^
6PPOさんのインスタグラムはこちら
↑美味しくて愛らしいクッキーがたくさん載っているのでぜひ遊びに行ってみてくださいね。

 

9日(日) :  咀嚼さんのクリームサンドクッキーセット

筑後川のほとりで、すてきな親子が営まれているお惣菜屋さんです。
HPにも書いてある通りまさに、口にすると気持ちがふっと緩まるようなご飯です^^

咀嚼さんのHPはこちら

まだまだ寒い日が続きますが、蚤の市でゆっくりお買い物を楽しみつつ、
お友達同士やカップル、たいせつなご家族とたのしく撮影して、おいしいものを食べてほっこりしましょっ

 

SHARE

《受講生募集中》ALBUS編集教室 心をのせるお仕事ライティング&編集講座 【基礎講座 / 実践講座 / 特別講座】

基礎講座の卒業生の声

◉自分の中にある「編集における判断軸」の答え合わせをするような時間でした。編集やライティングの正解って何かな?とふと疑問に思ったり、もやもやしてる方におススメします。先生との会話や実戦のフィードバックからテキストでは知り得ない、気づきや学びが沢山あります。
(通販メーカー勤務、情報誌の企画編集)

◉全部印象に残っていますが、第一回目が衝撃的でした。みんなで誰かの文章について意見を言い合うことがこんなにも有益だとは思ってもみなかったです。意見をいうこと、そしていただくこと…ある程度年齢を重ねているうえに、フリーランスなので、誰かから意見をいただくことがこんなにも新鮮で重要なことだとは…!と。
(フリーライター)

◉全く文章に携わる仕事ではないので、授業について行けるか不安で受講を悩みましたが、結果受講をして良かったと心から思っています。 スキルもありませんでしたが、私なりに学べたことは多くありました。 また、違う業種の方と一緒に学ぶことが、刺激になりました。 日常にちょっとした変化をつけたいと思っているような方にも、おススメしたいです。
(婦人服の接客販売業)

◉企画編集における意識すべき3つのポイント、第1回目の企画の立て方が一番印象に残っています。
(webディレクター)

◉編集や言語化することは、誰にとっても必要なことだと思いますし、僕自身とっても良い勉強になりました。自分の文章を批評してもらい、アドバイスもらったことで、気づかないクセにも気づけました。今後、実践に活かしたいと思います!
(デザイナー・ディレクター)

◉今の自分に必要な言葉がシャワーのように浴びせられる目から鱗の編集教室です。自分が編集されたのかも…というくらい考え方が変わりました。
(デザイナー)

◉山村先生が明るく陽気にお話ししてくださったおかげで、緊張もほどよくとけ、楽しく受講することができました。
(メーカー広報・企画)

◉印象的な内容が選べませんが、あえてあげるなら……「言葉が、本当に自分の心にたどり着いているのか?」というところ。「本当にそう思ってる?」「そこに心はある?」「紋切り表現になってない?」毎日、自分が書いたものを見て、心の中で投げかけています。
(雑誌編集)

◉取材のワークショップがとてもためになった。
(30代女性、グラフィック・webデザイナー)

◉先生に言われた言葉を常に振り返りながら、取材してます。
(30代女性、商業施設の広報担当)

◉ビジュアルと言葉の編集で、それぞれが得意なこと、
目をとめてもらうための組み合わせのツボがおもしろかった。
ビジュアル(写真)の大切さと撮影方法を改めて考えることができた。
(20代女性、カメラマン)

◉書くことを仕事にしていると、どうしても「これでいいのかな」と自分のなかで軸がぶれてしまうことがあります。この講座では、悩んだり迷ったりしたときに、正解に近づくための軸のようなものがつかめました。なにより山村先生がユニークで、講座があまりにテンポよく進むものだから、毎回2時間があっという間でした。別のライター講座やコミュニティにも参加してきましたが、山村先生のALBUS 編集教室は一番参加してよかった講座だと思っています。
(ライター)

◉私は仕事の幅を広げたいと考え受講しましたが、それに限らずいろいろな動機にハマる内容だと思います。講義内容はもちろん、そこで出会う受講生のみなさんと反響しあって進んでいくような、心地よいリズムと程よい緊張感が毎度感じられました。日々の「ことば」に何かもやっとしている方、または日々を単調に感じている方?などおすすめです。仕事に役立つうんぬんはさておいても、自分の発信する「かくこと」に向き合うヒントは必ず得られます。
(デザイナー)


うね、今や誰もがSNSなどで発信できる時代。だからこそ、その道のプロとの「違い」ってなんでしょう。本講座ではおもにお仕事で「伝える」ことを必要とする、一歩先に行きたい人のためのライティング&編集講座です。参加者みんなで達成したいことをシェアし、一緒に叶える、完全少人数制です。
今回は、全4回の【基礎講座】と 基礎講座の卒業生を中心に開催する【実践講座】、ゲストを招いて1度きりの開催【特別講座】を予定しています。

講師プロフィール/山村光春(やまむらみつはる)
編集者・ライター。
1970年大阪生まれ。カフェや食、インテリア、雑貨、デザイン、海外文化など。
暮らしまわりのジャンルにおける編集・執筆を手がけるBOOKLUCK主宰。
雑誌「オリーブ」を経て、「CREA」「リンネル」「&Premium」「dancyu
Casa BRUTUS」などの雑誌、またキリン「世界のKitchenから」、
DEAN&DELUCA」などの広告を中心に活動。
手がけた書籍は「MAKING TRUCK  家具をつくる、店をつくる。
そんな毎日」「眺めのいいカフェ」「カフェの話。」(すべてアスペクト)、
「おうちで作れる カフェの朝食」(世界文化社)、
MY STANDARD 大人の自分定番」(主婦と生活社)、
BEAMS<fennica>ニッポン最高の手しごと」(光文社)
「本当のおいしいがあるところーちくご料理家紀行」(ミルブックス)など多数。
http://bookluck.jp/

【基礎講座】 第8期 —————————————-
1回め_企画
・企画を立てる上で一番たいせつにしたいこと
・企画書づくりのステップとマル秘ポイント
・やりがちだけど、やっちゃいけない?落とし穴
・世界観を伝える「ブランディング」って?

2回め_聞く
・取材力をつけるために心がけたいこと
・事前リサーチってなんのために必要?
・取材の進め方と、やっちゃいけないポイント
・ホンネを引き出す魔法のフレーズ
・困った!そんな時、どうする?

3回め_書く
・SNS時代だからこそ気をつけたい書き方のコツ
・文章にちゃんと心をのせる方法
・これじゃ最後まで読んでくれない!文章あるある
・「書く」ことは「疑う」こと?
・自分らしい文章を知り、確立するために

4回め_まとめる
・文章と写真のもたらす効果と掛け合わせ方
・より「伝わる」ための写真選び
・編集という仕事の流れとポイント
・ふだんの生活から編集力を上げよう
・自分の「好き」をお仕事にするために

▶︎▶︎ 金曜日のお昼コース
日程:2/14(金)、3/13(金)、4/17(金)、5/15(金)
時間:13:00~15:00

▶︎▶︎ 土曜日の夕方コース
日程:2/15(土)、3/14(土)、4/18(土)、5/16(土)

時間:16:00~18:00

〈共通事項〉
場所:ALBUS 2階
定員:5名以上で開催(各コース最大7名、先着順)
授業料:27,000円(税別)
*各コースの振替可(希望者はご相談ください)

《お申し込み》
下記のフォームにアクセスしていただき、仮申し込みをお願いします。
https://forms.gle/jKr5Tb8PegfN4yV56
仮申込み受付後、正式なお申し込みについてご案内させていただきます。
*受講費のお支払い完了後正式なお申し込みとなります。(お振込、カード決済、店頭支払いのいずれか)

【実践講座】 第4期 —————————————-
世の中にある「もっとこうなればいいな」という社会的な問題を、編集の力で解決する。「心をのせる ライティング&編集講座」のアドバンスドコースです。限りなく実践に近い形で学びながら、テーマをもとにみんなで企画し、それを福岡だけでなく、東京のさまざまな協力企業に提案。いろんな意味で、世の中の常識をひっくり返す(かもしれない)チャレンジングな講座です。卒業生を中心に、
*仕事の幅を広げたい編集者、ライター、プランナーの方
*座学だけでなく、実践的に仕事の過程を学びたいフリーランスの方
にも向いていると思います。

今回のテーマは「農家のブランディング」「新しい場づくり」
この分野に興味のある卒業生のみなさん、ご参加くださいませ!

日程:2/17(月)、3/16(月)、4/13(月)、5/18(月)
時間:13:00~15:00
場所:ALBUS2階
定員:4名以上で開催(最大6名、先着順)
授業料:10,000円(税別)※仕事として成立すれば、ギャランティという形でフィードバック。実質0円?もしくはそれ以上に?

《お申し込み》

下記のフォームにアクセスしていただき、仮申し込みをお願いします。
https://forms.gle/DtyeejaW7gGX7QiX8

仮申込み受付後、正式なお申し込みについてご案内させていただきます。
*受講費のお支払い完了後正式なお申し込みとなります。(お振込、カード決済、店頭支払いのいずれか)

【特別講座】—————————————-
これまで「心をのせる ライティング&編集講座」を受講してくださった方の中には、デザイナーや編集者、ライターなど、すでにこの業界ですこぶるのキャリアと経験、おまけにセンスもあるプロがたくさんいます。彼らと考えを共有できたのは、まさに財産。財産はストックさせず、フローさせなきゃ!ということで、ときどき特別講座を開くことにしました。わたくし山村とゲストが、それぞれお仕事の裏側を紹介しながら、テーマに合わせ深掘りワンワンしあいます。
*いきなり本講座を申し込むのはハードルが高いという方も、
*これまで受講してくださった卒業生の方も、
*テーマについてただただ興味あるという方も、
要するに、どなたでもご参加ベリーウエルカム。本気と書いてホンキでお待ちしております。

\山村光春さんと小祝誉士夫さんによるトークショー
「海外を編集のちからで仕事にする技術」

小祝誉士夫(こいわいよしお)
大学卒業後、5年間のインドネシア勤務を経て、2004年から株式会社TNCの創業メンバーとして広告・マーケティング業界に従事。2008年に同社、代表取締役社長に就任。70カ国100地域在住500人の日本人女性のネットワーク『ライフスタイル・リサーチャー』を主軸とした海外リサーチ、マーケティング、PR業務のプロデューサーとして現在に至る。2011年にTNC Bangkok(タイ)、2014年TNC Jakarta(インドネシア)、TNC saigon(ベトナム)を設立。多摩大学/経営情報学部・非常勤講師。
http://lifestyle.tenace.co.jp/

日時:3/14(土)19:00〜
場所:ALBUS2階
参加費:1,000円(税込)
懇親会:500円(税込) *トークショーのあと軽食と飲み物を用意して懇親会を開催予定です。どなたでもご参加くださいね。

《お申し込み》*要予約
下記のフォームにアクセスしていただき、ご予約
をお願いします。
https://forms.gle/DMufonuVg7QPDvkL9




=====
ALBUS|アルバス

810-0023 福岡県福岡市中央区警固2-9-14
TEL:092-791-9335 / FAX:092-791-9336
MAIL:info@albus.in
HP:http://albus.in/

SHARE

\第36回護国神社蚤の市/ ALBUS OFFICIAL CAMERAMAN募集

2月8日(土)9日(日)に護国神社で開催される『蚤の市オフィシャルカメラマン』募集します!
撮影していただいた作品は『蚤の市HP』でお披露目させていただくほか、次回開催のリーフレットや、メディアなどの広報で使わせていただきます。
フィルム限定で募集させていただきますので仕上がりは蚤の市の雰囲気にぴったりな色味でプリントします。
天気がよければ、参加者みなさんで一緒にお昼も食べましょ^^

PHOTO:旅人A


PHOTO:shoko


PHOTO:坂田梨絵

=====

雨天決行!
当日雨の場合は、カメラが濡れてしまわないようにしっかり対策をしてください。
水濡れが不安な方や、フィルムを使ってみたい方には使い切りカメラを1000円で販売しますので、受付の際にお伝えてください。
マナーを守って楽しく撮影!
オフィシャルカメラマンの名札をお渡しするので、きっと快く撮影に応じてくれると思いますが、お客さんや出店者さんへの配慮を心がけてくださいね。 
例:お顔を写すときはひとことかける、店先で粘りすぎない、など
撮影後について
撮影後は会場のALBUSブースへフィルムを持ってきてください。
デジカメで撮影された方は、当日直接アルバスへ持ってきていただいてもOKですし、
後日(1週間以内)データを持って来るかメールにて転送をお願いします。
仕上がりプリントの受け取り
フィルムのお客様は928()以降にアルバスの店頭へ引き取りにお越しください。
遠方からお越しの方は郵送プリントサービスもありますよ。

—————-

日 時:28日(土)・9日(日)10
場 所:護国神社鳥居前にて集合
参加費:2500
(オフィシャルカメラマン用オリジナルバッチ・35mmネガフィルム・1本分の現像・プリント・データCD無料・ミニアルバム/)
持ち物:カメラ(フィルム何でも良いです)ご飯代(晴れていたら大きな木の下で一緒に)
定 員:各日5~6

予約方法
・参加希望日
・お名前
・ニックネーム(蚤の市のチラシやHP掲載用)
・インスタグラムネーム(タグつけOKの方のみ)
・フィルムカメラ
・電話番号(当日連絡が取れる携帯電話)
・メールアドレスをご記入の上、以下までご連絡ください。
mail : 
info@albus.in  
tel : 092-791-9335

当日スケジュール
10:00
 護国神社鳥居前にて集合・自己紹介
10:20
 撮影開始
11:30
 ご飯を持って芝生でご飯タイム(自由です)
12:15
 撮影開始
その後は自由行動です。解散の前の集合はありません。

SHARE