NEWS / SHOP TOPICS

最新ニュース / ショップからのお知らせ

郵送プリントはこうやって贈り(送り)出しています!

IMG_9105.jpg

郵送プリントが郵便局から届きました。ポストがないこともあり、必ず手渡しで受け取ります。お休みの日は翌日に持って来てくださいます。郵便局員さんとも宅急便やさんとも、ほぼ毎日お会いするので仲良しです。
IMG_9108.jpg
いただいたお手紙や、メール、注文票などをしっかり読み、お店の受付表に印をつけ、フィルムの本数や、お客さまのご要望などを確認します。「albusに色をおまかせ〜」という方や、しっかり見本を付けて色を指示してくださる方など様々ですが、どんなご要望も楽しんでプリントさせて頂いています。リピートしてくださるお客さまの写真に写っているお子さんが成長していたりすると、「うわぁ〜」とみんなで喜んだりして、お会いしたことがなくても、写真のその先にいる方に思いを寄せて、大事にプリントしています。
IMG_9146.jpg
店長の山下さん、1枚1枚画像を見ながらプリント中。
今日は少しおめかししてます...なんで? 🙂
IMG_9150.jpg
機械が画像を読み込まなくても、フィルムを黙視して、少しでも写ってないか確認します。
やはり最後は自分の目が一番信頼できるのです。
IMG_9169.jpg
お客さんの要望を繰り返し読み返しながら、どんな色が合うかを想像しているところです。プリントを焼く作業は、お客さんとの共働作業。思いが込められて撮影された分、こちらも手を抜くわけにはいきません。
IMG_9165.jpg
プリントを終えたら、ネガをカットします。「カットは慎重に」と3年前に貼ったシールは、機械に溶け込むように取れなくなってしまいました。毎回それを見ながら、「カットは慎重に」と唱えてネガシートにフィルムを入れていきます。
IMG_9179.jpg
プリントを終えて、写真を見ながら思ったことや、ぶわっと沸き起こった感覚を、言葉にしてお手紙を書きます。この時間も、私たちにとってはとても大事な時間。いつかお会いできることを楽しみにしながら...
IMG_9186.jpg
ここまできてようやく贈り(送り)出すことができます。
いつもはこの中に、albusに届いた周辺のお店の情報や、展覧会の情報など、詰め込めるだけ入れさせてもらっています。ご近所に美味しいお店もたくさんあり、面白いイベントもしょっちゅう行われているんですよ。
ほら、お店に来たくなったでしょ!?
albusのスタッフは、
店長のおとぼけ担当:山下
カメラマンのしっかりや担当:中田
新人なのに細かいところに手が届く姉さん担当:ノガミっち
最近冬眠中?もしくは旅人?担当:酒井
この4名でみなさんの郵送プリントをお待ちしています!
 labmenu.gif ← ここをクリックすると、郵送プリントのページにとびます
SHARE

まちと暮らしのあいだ

友人が、「街と暮らしのあいだ」をテーマに不動産屋のサイトを開こうと思ってる、と話してくれたのは半年前くらい。webに使用する家や町の写真も、2眼レフという大層なフィルムで撮影し、何度も足を運んでその町のことを知り、匂いを嗅ぎ、自分の眼と写真に焼き付けたものを、丁寧にお客さんに伝えたいと言う。この町なら紹介しても問題ないと思うところしかサイトに載せないんだ、って。(彼の見方で)
そんなサイトはこちら「きりんアパートメント」
自分のデザインのスキルを使いながら、デザインすることを仕事にするのではなく、デザインを活かして役に立てることまでを仕事にしている彼の話しを聞きながら、こういうデザイナーは信頼できる!と思いました。
kanekosan.JPG

友人のKさん。
さらに、彼がつくった、猫と一緒に暮らす家を探すのにとても大変だった経験をもとにつくった「ねこべや」も必見です。
自分が持ってる能力が、困っていることに役に立つなんていいな。
特に、教育や福祉に関して、デザインが行き届いてないということをまちづくりスクールでも聞いた気がしますが、本当に伝えたい、伝えなきゃいけない大事なところを、もっとわかりやすく、(奇を衒わず)心に入りやすいデザインにしてもらいたいとつくづく思います。
まちづくりスクール、次回は「仮)デザイナーじゃない人のためのデザイン講座」。日程はまだ未定ですが、「よかことをお知らせしているのに、なんで伝わらないんだ!」と思っているデザイナーじゃない方、ぜひ参加してください。
SHARE

「FILM FILM FILM」写真展 in Rail CAFE & Muff

yame_muff.jpg

昨年11月に八女市で開催された、街の風景をフィルムカメラで撮影するイベント「白壁ギャラリー」。先日、albusでも展覧会を開催しましたが、またあらたに違う写真をセレクトして飾らせてもらっています。写真を見ながら、現地をお散歩するのもいいですね〜

◎日時 2013年2月1日(金)〜2月10日(日) 12:00〜20:00 期間中無休
※最終日は19:00まで
◎場所 Rail CAFE & Muff(福岡県八女市本町658-12)
SHARE

就活 証明写真キャンペーン

証明見本-01.jpg
就活中の学生さんだけに証明写真撮影のキャンペーンを行います。
期間:2月1日〜2月28日 12:00〜20:00まで(閉店15分前までに撮影にいらしてください)
通常価格 1500円(写真4枚・CDデータ付)
キャンペーン価格 2500円(写真20枚 ※10枚以上ならお得です・CDデータ付)
撮影は、納得のいくまでさせていただき、肌修正、その他気になるところがあればご相談いただけます。そのままが素敵だと思うので、あまり修正したくありませんが、写真の写り方で印象が変わる場合もあり、悪い印象にならないように、わたしたちが写真を拝見して客観的にいいなと思える証明写真を作れるように努めています。学生でなくてももちろんOKです。キャンペーンを希望される場合は、就活をしていることを伝えてください。
就職活動中のみなさん、応援しています。

SHARE

PRAY LIFEへ

iwaki.JPG
福島の声をつないでくれるPRAY LIFEへ、少しですが寄付をしました。日田の映画館リベルテさんからも寄付をお預かりしたのでここで報告します。
「何回も泣きそうになりながら...」と震災以後を振り返り語る方が、「自分の新たなアイデンティティが生まれてしまった。〜福島の行く末を見届けていきたいとも思う」と語る。PRAY LIFEには様々な方の震災の日からその後の出来事が綴られている。
福岡では、海抜2Mという標識が電柱に貼られていたり、避難経路を確認できる看板がわかりやすく設置されていたり、少しずつまちの様子が変わって来ているものの、私たち自身の意識はどう変化しているのか。
PRAY LIFEを読み、改めて感じることがあった。
SHARE

1月28日は店休日です

tenkyu.jpeg
1月28日はメンテナンスのためお休みします。

SHARE

リラチョの出張マッサージ

riracyo.jpeg
リラックスしながら、マッサージとチョコレートと少しだけお話と。身体にたまったモヤモヤっとしたものを吐き出しにきてください。
日時:1月23日(水)16時〜(何時の予約でもOK)
場所:albus 2階

1)全身らくらくボディーケアマッサージ
お試し 20分 1500円
全 身 40分 2800円
リラックス 60分 4000円
2)体の中の毒素を排出!ムクミスッキリ。台湾式足裏マッサージ
足裏       15分 1200円
足裏〜ふくらはぎ 30分 2200円
3)極上の癒し!アロマオイルフットマッサージ
足裏~ふくらはぎ 40分 2900円
全て予約制(ご予約・お問い合わせはリラチョまで 080-5275-7388)

SHARE

with THE MOUNTAIN

IMG_4124.JPG
ただいま雑貨スペースにて野川かさねさんとAutumnleafさんによる【 with THE MOUNTAIN 】コーナーを設けてます。山をテーマに写真を撮り続ける写真家の野川かさねさんと福岡を拠点に活動するバンドAutumnleafさんによる作品。写真は、様々な山での断片をひとつひとつ拾い集めるようにつなぎ合わせた新作。そして音楽は、山の一日をテーマに書き下ろした5曲。クラシックギター、ハルモニウム、グロッケンなどのアコースティク楽器の響きと、電子音やエレキギターのシンプルなアレンジで構成されたそれぞれの楽曲は、穏やかで凛とした朝の表情から、寒く澄み切った夜の星空など、豊かな自然の風景をイメージさせる楽曲に仕上がってます。
今回は、さまざまなグッズが一緒に作られてます。山下もお気に入りで愛用中です。
巾着袋は、インナーバッグとして使ってます。小物がモリモリ入るのです。
IMG_4122.JPG
バッヂは、このように帽子につけたりベストにつけたりしながら楽しんでます。まさに with THE MOUNTAIN です。ニヤリッ : )
IMG_4140.JPG
IMG_4141.JPG
寒い寒い1月。めくるたびに肌にあたる小さな風が心地よく感じる、素敵な作品です。この季節にとくに見て、聞いてほしい1枚です。 
IMG_4163.JPG
IMG_4145.JPG
TRACKLIST.
01. the foot
02. 新緑の風
03. 山笑う
04. 尾根の彼方に
05. 響く木立
[ with THE MOUNTAIN ] 2.520 yen  ※ 初回 700部 
バッヂ 420 yen
巾着袋 1050 yen
SHARE

護国神社「蚤の市」オフィシャルカメラマン募集!

nomi_15.jpg
蚤の市をゆっくり楽しみながら、人物のポートレートや雰囲気が出る写真を、オフィシャルカメラマンとして思いのままに撮影してください。撮影された写真は蚤の市の広報として、チラシやホームページ、テレビに使用されます。また、次回の蚤の市で展示もする予定です。初心者の方も大歓迎。参加制限はありませんよ。
<緊急ニュース!>
今回は特別にカメラマンの池田先生をお呼びして、中田と一緒にカメラの使い方などをレクチャーしてくれることになりました。初心者の方、中級者の方、必見です。
IKEDAFOTO 池田大輔
九州産業大学芸術学部写真学科卒業
2011年よりIKEDAFOTOとしてブライダルや広告関係等を中心に活動
◎撮影の仕方は自由ですが、人物を撮影する場合は声をかけて了承を得てください。次回の蚤の市で展示する場合もあります。
◎写真の使い方を蚤の市主催者に委ねます(もちろん常識の範囲内です)掲載したくない写真がある場合は、あらかじめご連絡ください。
◎オフィシャルカメラマンとして名前がチラシに掲載されます。掲載されたくない場合は事前にご連絡ください。
日時:1月20日(日)10:00-13:00くらいまで(蚤の市は9時-15時)
   ※雨天時は蚤の市開催に準ずる
場所:福岡県護国神社 中央鳥居前
(参道中央に広場があり、大きな鳥居があります/福岡市中央区六本松1-1-1)
定員:なし。事前予約制
(ご予約の際は、お名前、当日連絡が取れる電話番号、メールアドレスをお伝えください)
参加費(料金):2500円
(現像料・プリント・CDデータ無料/デジカメの場合は、Lサイズプリント50枚無料)
持ち物:カメラ ※貸し出し可能(予約制)

<当日スケジュール>
10:00~12:00 護国神社にて撮影開始
12:00~ みんなでランチ(自由)。持参でも購入でもOK。集まった人から広場へ。その後は自由解散。
<蚤の市の店番>
酒井と野上(新しいスタッフ)が交代で店番します。
アルバススタッフ以外のボランティアの店番長も募集!(フィルムと同時プリントをプレゼント)フィルムや中古カメラも販売。この日限りのアルバム半額コーナーもありますよ。
<ご予約>
メールか電話かファックスにて、『お名前・(当日連絡が取れる)電話番号・メールアドレス』をお伝えください。折り返し電話かメールにてご連絡いたします。
tel.092-791-9335 fax.092-791-9336
mail. info@albus.in

SHARE

第5回:「まちづくりと福祉 02」

machi.jpeg
まちづくりスクールの5回目は「まちづくりと福祉 02」です。
当初の予定を変更し、「まちづくりと福祉」をテーマに2回に分けて開催することになりました。今回は、その2回目です。
前回は、ゲストをお招きして、児童虐待・社会的養護・里親などをキーワードにお話を伺いました。今回は、子どもたちと地域社会とのつながりについて、さらに深めていきます。
近年よく耳にする「無縁社会」という言葉が表すように、地域社会の中には、誰ともつながりを持てていない人たちが存在します。それは、高齢者だけでなく、子どもたちも同様です。今回は、その一例である「居所不明児童生徒」の実態と、そうした無縁状態にある高齢者や子どもたちのために、ぼくらは何ができるのか、その可能性について、事例を交えながらお話したいと思います。
まちづくりスクールの詳細はこちら:
まちづくりスクールについて
日時=2013年1月29日(火) 20:00~22:00
場所=albus2階
定員=20名(予約制・先着順)※残席 数名です!
予約先=info@albus.in
料金=1000円以上

※1000円以上の金額は、子どもシェルター「ここ」を運営するNPO法人「そだちの樹」に寄付いたします。

SHARE