NEWS / SHOP TOPICS

最新ニュース / ショップからのお知らせ

こんにちは
先日、大人の科学から出版されてます「二眼レフカメラ(大人の科学マガジンシリーズBESTSELECTION」を用意しまして
二眼レフカメラ組み立て&撮影会を開催しました。
当初は9月に予定をしておりましたが台風のため延期になり、今日のお天気はどうだろうか・・・
と、みぞみぞしてましたが秋晴れのとても暖かい1日になり、無事に開催できましたっ よかった〜!

そこで当日の模様と、みんなの作品をご紹介させていただきますね。
簡単なご挨拶から(いや長かったかな?笑)自己紹介に続いて、
企画をしてくれた下川くんの作例を用いて、カメラの紹介をしつつ組み立てスタート!

 どうやらかなりのパワーを要するようです。エナジーをチャージしながら90分くらいで完成!

ここから、場所を移動して撮影会開始!




みんなの作品
PHOTO:
あかねさん


PHOTO:なつきさん


PHOTO:ゆきさん


PHOTO:さとこさん


PHOTO:つじさん


PHOTO:あおきくん


PHOTO:下川くん

このカメラは、ファインダーからのぞいた光景を見たらトリコになりますよ〜!
現像してみると周辺がボケたり、幻想的で想像もしない1枚と出会え、とても魅力的です。
今回はフィルターとしてカラーセロハンも使用したので、さらに白昼夢のような・・・!
しばらく二眼レフキットは、ALBUSでも販売しておりますのでご興味のある方は是非っ^^(なくなり次第終了)
組み立てるには、なかなかの時間を要しますが(90分くらい)写真好きのお友達への贈り物にもおすすめです。

企画してくれた下川くん、サポートをしてくれた辻さん、青木くん。
ご参加頂いたみなさま、本当にありがとうございましたっっっ! 

SHARE

\秋の撮影会のお知らせ/カメラを作って・撮って・どっこいしょ!


PHOTO:下川剛

秋の撮影会のお知らせ〜!!!
大人の科学から出版されてます「二眼レフカメラ(大人の科学マガジンシリーズBESTSELECTION)」を用意しまして
二眼レフカメラ組み立て&撮影会を開催します。
フィルムカメラを既に持ってる方も、フィルムカメラに興味があったけど、カメラを持ってなかった方も、
このワークショップに参加をしたら、自分の手で組み立てた上に、カメラの仕組みもわかって、手元に残るので
撮影会以降も、フィルムを楽しみ続けれますよ ^^
掲載している画像は、今回の企画の発起人でもあり、ALBUSに長く通ってくださってる下川くんが撮影した写真になります。
今回使用する二眼レフカメラで撮影されてます。
当日は、下川くん含め3人の頼もしい助っ人がサポーターでおりますので、工作が苦手な方も大丈夫! 
カメラ組み立て後は、場所を近くの大濠公園・舞鶴公園へ歩いて移動して自由に撮影していただきます。

《詳細》
日 程:2019年11月16日(土)
集合時間:12時 ※17時前後解散予定
場 所:ALBUS(福岡市中央区警固2-9-14) 
定 員:8名 ※荒天時延期
参加費:6,000
(税込) 
参加費内訳・大人の科学「二眼レフカメラ(大人の科学マガジンシリーズBESTSELECTION)」・24枚撮り35mmフィルム1本 ・同時プリント1本分(現像代・プリント代・データ代)

《スケジュール》
12:00 ALBUS集合・開始(福岡市中央区警固2-19-2)
12:15 トイカメラの紹介・トイカメラ組立て開始・撮り方講座
14:00 撮影会スタート(場所を舞鶴公園・大濠公園へ移動)
17:00 解散 ※(仕上がりの受け取りは後日受け取りでも郵送もOK!)

《ご予約について》
・お名前
・ニックネーム
・インスタグラムネーム(タグつけOKの方のみ)
・電話番号(当日連絡が取れる携帯電話)
・メールアドレスをご記入の上、以下までご連絡ください。
MAIL:info@albus.in
TEL:092-791-9335 


PHOTO:下川剛

SHARE

9年目のこども店長参加者大募集

※こども店長の募集は終了しました。 2018.7.27

掃除などの開店準備に始まり、接客、撮影、フィルム現像、プリントなど写真屋の仕事を子どもたちにしてもらいます。また、カメラを持ってまちへ出かけいつもとは違う視点で人や場所に出会い、写真に収めて、そのフィルムを自分でプリントします。楽しいこともたくさんありますが、仕事でもあるので子どもたちにとっては少し大変です。でもお父さんお母さんが毎日一所懸命 仕事をしているということを身をもって体験することにもつながり、仕事とは何かということを知るいいきっかけにもなっているように思います。今となっては珍しくなってしまった「写真屋」の店長を、体験してみませんか?

【募集内容】
対象:小学生2年生〜小学6年生までならどなたでも
日時:8月10日(金)、21日(火) / 午前10時30分にALBUSに出勤 ー 15時頃の退社(お迎えは15時頃にお願いします。)
場所:ALBUS
定員:1日2名まで(知らない子ども同士で体験してもらいます) 
参加費:1500円(食事代・フィルム・現像プリントなどを含む
持ち物:帽子、水筒、タオル、参加費・

参加申し込みは、ALBUSまでメールかお電話で
1)参加者のお名前
2)年齢・学年
3)小学校の名前
4)保護者の名前
5)体験したい理由(子どもの声)
6)食物アレルギーの有無

※苦手なものやアレルギーがあれば必ずお知らせください。
※お友達同士での参加は別日では構いませんが同じ日では受付できません。まだ出会ったことのない子と一緒に店長をしていただきます。
※受付は初めて参加する方が優先となります。以前参加された子どもさんは基本的には受付できません。
※お昼ごはんは、お隣のレストランtreneにていただきます。アレルギーや苦手な食べ物がありましたら教えてください。 
※子どもたちの顔が写った写真や、子どもたちが撮影した写真などがHPなどに掲載されますので、あらかじめご理解ください。

treneの美味しいランチ付きも目玉!!!

SHARE

「歴史する!Doing history!」関連企画 撮影ワークショップ:『歴史になる』ALBUS OFFICIAL CAMERAMAN

000001.JPG
撮影ワークショップ:『歴史になる』ALBUS OFFICIAL CAMERAMAN(*以下AOC)
普段からそこらじゅうにある歴史を視覚化する装置でもあるカメラ。来場者が残していった積み重なる思い出を歴史として捉え、カメラマンたちが視覚化し「歴史する!Doing history!」で展示します。

日 時 7/23(土)10:00-12:00
    8/4(木)10:00-12:00
    美術館最後の日!8/31(水)16:00-18:00
    *いずれかの日程をお申込みください。複数回参加も可能です
会 場 福岡市美術館 1階ロビーに集合(〒810-0051 福岡県福岡市中央区大濠公園1-6)
内 容 公式カメラマンになって福岡市美術館の現在をカメラで記録してください。写真はウェブサイトでも公開し、展示する場合もあります。8月31日は美術館休館前最後の日、歴史的瞬間をとらえてください!
*8/31は美術館が生まれ変わる最後の日。歴史的瞬間を残してもらい後日WEBページに写真を掲載する予定です(8/31撮影分は展示はいたしません)
*撮影していただいた写真は、福岡市美術館とALBUSに掲載の利用権を譲渡していただくことになります
参加費 2000円(フィルム現像+プリント+データ作成1本分orデジタルプリントLサイズ30枚無料)
    ※子ども(5歳〜12歳)が参加の場合は、参加費は『大人+子ども』で2000円+使い切りカメラをプレゼントします!
持ち物 カメラ(デジタル・フィルム問いません)
定 員 各回15名(要予約/先着順)
    *年齢は問いません
《当日のスケジュール》
開催時間 開催時間に入口付近のロビーに集合
開始〜10分 自己紹介など
10分〜120分 撮影ーミッションがあるかも!?
120分後 ロビーに集まって、フィルムなどを回収して解散
数日後、展覧会の作品として写真が置かれる予定(写真展ではありませんのでご希望されるような展示にはなりません)
《申込方法》
下記①~④を明記したメールかFAX、もしくは電話にてお申込みください。定員に達し次第締め切ります。
①参加希望日時 ②お名前 ③電話番号(当日連絡が取れる携帯電話) ④メールアドレス
ALBUS
福岡市中央区警固2-9-14
TEL. 092-791-9335
FAX. 092-791-9336
mail.info@albus.in
SHARE

ダンシングフォト with ALBUS OFFICIAL CAMERAMAN カメラマン募集!

P9850371_クレジット入り.jpg
警固の写真屋ALBUSでは、ALBUS OFFICIAL CAMERAMAN(以下AOC)と題して、不定期ですが『撮影+αな』体験を提供しています。今回、その撮影会に10/16に来福する芸術家集団ANTIBODIES Collective(略称 アンチボ)よりダンサー・東野祥子さん特別に登場してくださいます!ダンサーの踊る様子を、カメラマン自らも”踊りながら!?”撮影。そして大名での写真展も実現します。会場はkiki boutique。アンチボの奇想天外な世界観に彩られた店内を自由に撮影しませんか?作品は同店内で9/1~10/16まで行う「ダンシングフォト with AOC写真展」にて展示いたします。
日  時:平成28年8月6日(土)※各50分間
〈A〉18:30~19:20 (18:00~受付開始) 
〈B〉19:30~20:20 (19:00~受付開始) 
*どちらか回のみご参加いただけます
会  場:kiki boutique(福岡市中央区大名1丁目10-27)
参加費:2500円(フィルム現像+プリント+データ作成 1本分orデジタルプリントLサイズ30枚無料+展覧会開催)
※チケット購入はPeatixに従ってください。キャンセルの場合も、払い戻しはできませんのでご注意ください。
持ち物:カメラ(デジタル・フィルム問いません)・ペンライトなど光を放つもの(あれば) 
※店内が狭いため、大きな手荷物はご遠慮ください
定 員:各回10名 (要予約/先着順)
《予約方法》
ご予約はこちらから!
お申し込みされた方はチケット購入後、ALBUSへメールにて、下記をお知らせください
1)お名前
2)ニックネーム(展示のキャプションやHP掲載用/必要であれば) 
3)電話番号(当日連絡が取れる携帯電話)
4)メールアドレス
《連絡先》 
*下記は、当日の会場ではないのでご注意ください
ALBUS|アルバス 福岡市中央区警固2-9-14
mail : info@albus.in
tel : 092-791-9335
《ワークショップ講師》 
東野祥子(ひがしの ようこ)振付家・ダンサー。
2000年から2014年まで、東京を拠点にDance Company BABY-Qを主宰。2015年活動拠点を京都に移し、ANTIBODIES Collectiveを立ち上げ、他ジャンルのアーティストとともに制作活動。劇場やオルタナティブスペースにて数々の作品を発表し、国内外で招聘され高く評価されている。2010年舞踊批評家協会新人賞など受賞多数。
ANTIBODIES Collective(あんちぼでぃ・これくてぃぶ)
2015年、ダンサー・振付家の東野祥子と音楽家のカジワラトシオによって設立された、音楽・ダンス・映像・照明・美術などのスペシャリスト集団。集合体として活動することで、慣習的な創作と思考パターンを打開し、パフォーマンスや舞台芸術に新たな回路を開くことを目指している。ANTIBODIESは「抗体」のこと。体内に入ってきた異物に反応し、体から追い出すために作られる対抗物質を意味する「抗体」は、人が産まれながらに持っている能力。”社会の様々な悪を取り込み、抗う身体で新しい形を産み出ていく”という意思が込められている。http://antibo.org/
SHARE

プレ写真教室:写真を褒め合うワークショップ

5D3_1355.JPG

2016年4月18日(月)

第6期 ALBUS×F_d 写真教室にむけて、ワークショップをおこないました。
その名も「写真を褒め合う♡ワークショップ」!
事前に参加者が1枚ずつ六つ切りプリントを用意し、撮影者がわからないかたちで展示をした状態からワークショップがスタートです。
簡単な自己紹介のあと、ランダムに渡された番号札の写真を「褒める」というミッションが告げられます。
5D3_1254.JPG
誰が撮ったのか、いつのどんな状況だったのか、1枚の写真に関する情報が何もわからない状態で、とにかく穴があく程に写真を見つめる時間が過ぎていきます。
5D3_1285.JPG
5D3_1283.JPG
その後は、さっそく順番に褒めていただきます…!
参加者のみなさんは、自分の写真と自分が褒める写真のみが分かっていて、誰が自分の写真を褒めてくれるのかワクワクドキドキです。
5D3_1332.JPG
5D3_1314.JPG
5D3_1359.JPG
一人ひとりが、褒め担当の1枚の写真について、撮影の状況や撮影者のねらい、想い、撮影技術にいたるまで。隅々までを褒めていきます。
撮影者にとっては、自分の意図したものがどのように伝わっているかや、自分の知らない良さや新しい視点を発見してもらえる機会に。
そして褒める側にとっては、写真だけを見て良さを言語化して伝えることの難しさと面白さを体験できる機会に。両方をいっぺんに味わえるのは、この「写真を褒め合う♡ワークショップ」ならではでした。
最後は、石川先生とゲストの写真家 笠原徹さんからの講評に続き、撮影者を発表して、一体どんな時にどんなところで、どんな想いで撮られた写真だったのかが明かされました。
初めての内容のワークショップでしたが、みんなの写真をいろんな視点から見て、言葉で交わし合い、感嘆の声が絶えない時間でした。
ワークショップが終わってからも、写真談義が尽きない良い夜を過ごしました。(山下 舞)
第6期・第7期 写真教室の募集についてはコチラ!
http://www.albus.in/schedule/detail.php?no=934
SHARE

ホンマタカシさんのワークショップを振り返る

IMG_3615.JPG
IMG_3613.JPG
ホンマタカシさんのワークショップを受けてから、誰かの意見を受け入れて、それも自分ごとにしていくことへの訓練が始まった。訓練というかそういうことを自然にできるようになりたいと。見た目で判断せず、長い時間をかけて対話し、ときには離れたりしながらじっくり相手を観察する。(人でなくても写真でも物でも)そしてそれが自分にぐっと入ってきたときに、あらためて自分からまた産み出す。そんなことを感覚として、方法としても学ばせてくれたホンマさんのワークショップはあらためて素晴らしいものだったと感じる。彼の本を読み返しながら、カメラという道具を手にしたことに感謝したくなった。(酒井)
SHARE

ひびのこづえさんのワークショップの撮影より

スクリーンショット 2015-06-11 14.27.37.png
4月25日、26日に九州国立博物館研修室で開催された『ひびのこづえワークショップ「虫をつくろう2」』の撮影をさせていただきました。
このワークショップを企画されているのは、牟田佳子先生率いる「NPO法人太宰府アートのたね」。大人も子どもも参加できるようなワークショップをたくさん開催されているので、ぜひ覗いてみてください。
ワークショップを追って撮影していると、作る過程での心の移り変わりがみれるので面白いです。人間は表情が豊かだなぁと思います。自分が今どう思っているのかを知るために、セルフで撮影して見てみるのもいいかもですね。
SHARE

冬のみんなでほかほか撮影会

こんばんは
いつもは、お店にこもりっきりの山下がお外へ出ます。
そうです。撮影会のご案内でございます。その名も「冬のほかほか撮影会」です。
春を目の前に、この極寒ももうそろそろじゃないかな〜と。
そんな極寒の2月に、アルバスから徒歩圏内にある、
植物園に冬から春に変わろうとする植物を見ておこうじゃないかと言う、企画です。 
今回はフィルムカメラのみでの募集となります。
撮ったものから、そして写真の色から、その日の温度や季節を感じるような
色味でプリントしたいと思います。
はっとして、ぐっとくるような写真になりますよ。お楽しみに。。。!

撮影中はグループに分けて好きなように撮ってきてもらいます。目の前に広がる植物はもちろん。同じグループになったメンバーと写真のことや、カメラのことをお話ししながら撮影。 仲良くなって写真もだいぶ撮りためたであろう2時間ほどで終了です。終了後はtreneALBUSのお隣のレストラン)のお弁当が … ! みんなでおいしくほくほくしながら食べましょう。 食事後、撮影会は一旦終了となりますが、そのままフィルムを回収します。16時頃ALBUSへ戻ってきていただき、現像したお写真をお渡しします。その中から、一人2枚ご自分で選んでアルバスの雑貨コーナーに言葉を添えて展示 !!! 写真をパネルにする作業も伝授します。 (1時間程度 ) パネルにした人から解散です。2/14 – 28 まで展示をいたします。 

昼食後から再度集合の16時までだいぶ時間が空きますので、植物園のお隣の動物園や、近所のお店さんをご紹介しますので、いろんな時間の過ごし方をしてきてください :-) 

000052-1.jpg

000030-1.jpg

↑ ↑ 写真は、昨年の秋にALBUS写真スクールの生徒さんと行った海の中道での写真です 🙂
—————-
日時 : 2月11日(水)9時10分までに植物物園入り口に集合
場所 : 福岡市動植物園 
参加費 : 3500円
( 動植物園入場料、36枚撮フィルム、1本分の現像、プリント、展示用プリント(Lサイズ)、ハレパネ、treneのお弁当、 ) ※データCDが必要な方はイベント特別価格の200円
持ち物 : 35mmフィルムカメラ( デジタルカメラしかお持ちじゃない場合はあらかじめご相談ください。貸し出しいたします !  )
定員 : 12名

予約方法

・お名前
・電話番号
・メールアドレス
・ニックネーム
を、ご記入の上 以下までご連絡ください。

mail : info@albus.in
phone : 092-791-9335             お待ちしてます 🙂
SHARE

蚤の市オフィシャルカメラマンミーティング

5D3_0004.jpg

いつも講師としてお願いしているmasa.先生と、【蚤の市のオフィシャルカメラマン撮影会】をもっとよくしていこうということで、話し合いをしました。masa.先生から楽しいアイデアをたくさんいただき、次回は蚤の市も20回目という節目でもあるため、オフィシャルカメラマンもきっと盛り上がると思います。まだ少し先ですが、来月には募集が始まると思うので、それまでもう少し練りたいと思います。

SHARE